乾草とサイレーヂ

斎藤道雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 乾草
  • 第一節 緖言 / 1
  • 第二節 乾草の化學的組成 / 2
  • 第三節 乾草の消化率並びに可消化養分 / 9
  • 第四節 乾草の組成に影響を及ぼす條件 / 21
  • (一) 刈取時期による變化 / 21
  • (二) 刈取場所による影響 / 31
  • (三) 刈取囘數(一番刈、二番刈等)による影響 / 38
  • (四) 乾草製造方法による影響 / 44
  • (五) 乾草貯藏による影響 / 48
  • 第五節 牧乾草 / 50
  • 第六節 乾草中に含まるゝ植物槪觀 / 52
  • 第七節 一般乾草の製造法 / 59
  • (一) 草刈時期 / 60
  • (二) 草刈地の選定 / 61
  • (三) 草刈方法 / 62
  • (四) 草刈時の天候及草刈の時間 / 63
  • (五) 乾燥の方法及日數 / 63
  • (六) 乾草の壓搾包裝 / 64
  • (七) 乾草の貯藏 / 65
  • (八) 乾草の品質鑑定法 / 66
  • (九) 乾草製造中の變化 / 68
  • 〔附〕荳科乾草製造上の注意 / 68
  • 〔附〕荳料乾草粉末の効果 / 70
  • 第八節 醱酵乾草 / 73
  • (一) 褐色乾草 / 74
  • (二) 發熱乾草 / 80
  • (三) 甘性壓搾飼料 / 84
  • 第二篇 サイレーヂ
  • 第一節 緖言 / 91
  • 第二節 エンシレーヂ製造の利益 / 93
  • 第三節 エンシレーヂ製造に適する飼料 / 95
  • 第四節 エンシレーヂ製造順序 / 97
  • 一 原料の切斷 / 97
  • 二 サイローに塡充 / 97
  • 三 第二囘又は第三囘の塡充 / 98
  • 四 最上部の空氣杜絕 / 99
  • 五 重しの添加 / 99
  • 第五節 エンシレーヂ製造中に於ける變化 / 100
  • 一 呼吸作用並びに酸化作用による溫度の上昇 / 100
  • 二 細菌による酸酵作用 / 101
  • 三 醱酵中に於ける蛋白の分解作用 / 102
  • 四 エンシレーヂの酸化並びに醱酵による養分の損失量 / 103
  • 五 其他の原因による損失 / 105
  • 第六節 家畜に對するエンシレーヂの効果、給與上の注意、並びに各家畜に對する給與量 / 105
  • 一 家畜に對するエンシレーヂの効果 / 106
  • 二 家畜に對する給與の注意 / 107
  • 三 エンシレーヂ單用の弊害 / 107
  • 四 各家畜に對する給與量 / 108
  • 第七節 エンシレーヂの化學的組成 / 110
  • 一 良きエンシレーヂの酸味と一般性狀 / 110
  • 二 エンシレーヂに含有される酸の種類と其の割合 / 111
  • 三 エンシレーヂの一般組成 / 113
  • 四 エンシレーヂの消化率 / 114
  • 第八節 特殊のエンシレーヂ / 116
  • 一 エー・アイ・ヴイ・サイレーヂ / 116
  • 二 添加すべき酸の種類 / 117
  • 三 酸の添加量 / 118
  • 四 酸を添加して造つたエンシレーヂの成分 / 119
  • 五 酸を添加して造つたエンシレーヂの消化率 / 121
  • 六 酸を添加した場合のエンシレーヂ製造中養分の損失量 / 122
  • 八 酸を添加して造つたエンシレーヂの嗜好性 / 123
  • 八 其他の特殊なエンシレーヂ / 124
  • 第九節 サンマーサイレーヂ / 125
  • 一 サンマーサイレーヂの有利な點 / 125
  • 二 サンマーサイレーヂに用ひる原料 / 126
  • 三 サンマーサイレーヂ製造時の注意 / 128
  • 四 酸を添加せるサンマーサイレーヂ / 130
  • 第一〇節 高溫エンシレーヂと低溫エンシレーヂ / 131
  • 第一一節 サイローの種類 / 133
  • 一 地上及地下による分類 / 134
  • 二 建造材料による分類 / 136
  • 三 形狀による分類 / 139
  • 第一二節 サイローの大きさ / 140
  • 一 サイローの大きさを計算する例 / 140
  • 二 エンシレーヂ一立方尺の目方 / 141
  • 三 サイローの大きさの限度 / 142
  • 四 サイローの大きさとエンシレーヂの塡充量 / 143
  • 第一三節 サイロー建造上の一般注意事項 / 145
  • 一 サイロー建造の位置を考へる事 / 145
  • 二 サイローの種類を考へる事 / 146
  • 三 サイローの建造材料は良く選び堅牢なものとする事 / 146
  • 四 サイローは直徑に比し或程度の深さを有する事 / 147
  • 五 サイローの周壁は氣密であり且つ耐水性である事 / 148
  • 六 サイローの內側は滑達であり且つ垂直な事 / 148
  • 第一四節 サイローの構造と其の重要部 / 149
  • 一 サイローの基礎 / 149
  • 二 サイローの底面 / 149
  • 三 サイローの周壁 / 150
  • 四 サイロー取出口 / 150
  • 五 サイローの詰込口 / 151
  • 六 サイローの屋根 / 151
  • 第一五節 小型サイローと之を建造するに要する材料の計算法 / 152
  • 一 最も普及されてゐる小型サイターの大きさ / 152
  • 二 サイロー建造に用ひるコンクリート配合割合 / 153
  • 三 コンクリート配合材料の計算基礎 / 154
  • 四 一個の小型サイローを造るに要するセメント、砂利の量 / 155
  • 第一六節 小型サイローの建造順序 / 157
  • 一 孔掘り / 157
  • 二 基礎固め / 157
  • 三 型枠取付け / 158
  • 四 コンクリートの配合 / 158
  • 五 コンクリートの塡充 / 159
  • 六 コンクリートの硬化 / 159
  • 七 第二段の型枠取付とコンクリート塡充 / 159
  • 八 サイロー內部の仕上塗り / 159
  • 九 サイローの出來上り / 160
  • 第一七節 特殊な簡易サイロー / 160
  • 一 窖式簡易サイロー / 160
  • 二 三和土(タタキ)製小型サイロー / 161
  • 三 地盛式の小形サイロー / 161
  • 四 溝式の簡易サイロー / 164
  • 第一八節 滿洲に適するサイローの問題 / 166

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 乾草とサイレーヂ
著作者等 斎藤 道雄
書名ヨミ カンソウ ト サイレージ
シリーズ名 酪農叢書 ; 第8編
出版元 乳牛タイムス社
刊行年月 昭和17
ページ数 170p
大きさ 19cm
NCID BB07417667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46036091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想