木戸松菊先生

徳富猪一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇
  • 第一 緖言 / 1
  • 第二 維新三傑と松菊先生 / 2
  • 第三 松菊先生と最後の言葉 / 4
  • 第四 維新偉業と薩長藩閥 / 5
  • 第五 毛利家勢力の消長と財政 / 7
  • 第六 長州人と薩摩人 / 10
  • 第七 村田淸風と吉田松陰 / 12
  • 第八 松菊先生の容貌と態度 / 17
  • 第九 松陰先生と松菊先生 / 20
  • 第十 公武合體、開國航海論 / 24
  • 第十一 當時京都の形勢と公の奔走 / 26
  • 第十二 逸話に富む松菊先生 / 28
  • 第十三 人物の多かつた長藩 / 29
  • 第十四 薩長聯合の經緯と内情 / 31
  • 第十五 松菊先生京都に召出さる / 34
  • 第十六 公の理想と政治見識 / 35
  • 第十七 鹿兒島人の橫暴に反抗 / 37
  • 第十八 松菊先生と征韓論 / 39
  • 第十九 松菊先生と甲東先生 / 40
  • 第二十 言論機關の尊重と利用 / 42
  • 第廿一 公を繞る人才の離合集散 / 44
  • 第廿二 公と聖德翼成の念願 / 45
  • 第廿三 公と人情味、人間味 / 46
  • 後篇
  • 第一 所謂る自由主義政治家 / 49
  • 第二 公の不利益の位地 / 51
  • 第三 公と伊藤山縣兩公 / 53
  • 第四 公と大村益次郞 / 55
  • 第五 隱然たる一敵國 / 56
  • 第六 薩長聯合の策動 / 57
  • 第七 國是一定の建白 / 63
  • 第八 公と版籍奉還 / 65
  • 第九 三傑中の見識家 / 68
  • 第十 公と新島襄先生 / 69
  • 第十一 公と廢藩置縣 / 72
  • 第十二 意外なローマ字說 / 73
  • 第十三 人才庇護と後進誘掖 / 75
  • 第十四 士を愛し故舊に厚し / 76
  • 第十五 松陰先生と師友の情誼 / 78
  • 第十六 公の薩摩に對する態度 / 81
  • 第十七 公と南洲甲東兩先生 / 84

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 木戸松菊先生
著作者等 徳富 猪一郎
徳富 蘇峰
書名ヨミ キド ショウギク センセイ
出版元 民友社
刊行年月 昭和3
ページ数 86p
大きさ 19cm
NCID BN16051108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47037686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想