スローな未来へ : 「小さな町づくり」が暮らしを変える

島村菜津 著

日本10地域とイタリア現地取材渾身レポート。"ないものねだり"から"あるもの探し"へ。自分たちの町は自分たちで創る。自分たちの暮らしは自分たちで守る。-ここには、日本の地方都市の未来に関わるヒントが込められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イタリア発祥「スローシティ」は、小さな町で、豊かに生きる知恵(常識破りの条例やパフォーマンス、妥協なき郷土愛で、今や「スローシティ」の旗頭。-カステルノーヴォ・ネ・モンティ
  • 「イタリアで最も美しい村」離島第一号、人々を魅了する素朴な島の財産はこよなく美しく豊かな「自然」。-ジッリオ島)
  • 第2章 おいしいものこそは土地の最大の魅力(北の大地に広がる「農」と「食」の新しい姿。意欲的な試みに燃える人、人、人が、「おいしい町」を支えている。-北海道美瑛町
  • 都心から通えるオーガニック先進地があった。「食とエネルギーの自給」を目指す町。-埼玉県小川町 ほか)
  • 第3章 美しい町並みは暮らしの中で育まれる(人を惹きつける小さな町の挑戦。町並み保存の秘訣は足し算の開発でなく、引き算の町づくり。-愛媛県内子町
  • 温泉地のあり方をリードしてきた町、行政に任せずに自分たちで考え続け、今、自然を「守る」から、町を「創る」へ。-大分県由布市由布院)
  • 第4章 注目されるエコロジカルな暮らし(風と、森と、エコの新技術。自然エネルギーの町は、よどみなく先進的な未来に向かっている。-岩手県葛巻町
  • 琵琶湖の水系を守り、清らかな水と生きる人々。伝統に裏打ちされた細やかなまごころ。-滋賀県高島市)
  • 第5章 若者たちを育てる町、若者が暮らしたくなる町(プロを育てる大人の愛情、応える子供たちのエネルギー。地域ぐるみの支援が不可能を可能にした。-三重県多気町
  • 若者たちに受け皿を用意し続ける革新の島。集まった人材とユニークなアイディアで活性化への期待も高まる。-島根県海士町(中ノ島))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スローな未来へ : 「小さな町づくり」が暮らしを変える
著作者等 島村 菜津
書名ヨミ スローナ ミライ エ : チイサナ マチズクリ ガ クラシ オ カエル
書名別名 Surona mirai e
出版元 小学館
刊行年月 2009.12
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-09-379808-2
NCID BB00590040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21697421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想