往生要集講録  上

上杉文秀 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 日本淨土敎開發史に於ける源信和尚の位置 / 1
  • イ 諸言 / 1
  • ロ 日本佛敎史の區分 / 5
  • ハ 日本天台の傳系と和尚の地位 / 7
  • ニ 源信和尚以前の淨土敎史槪觀 / 12
  • 1 三期區分 / 12
  • 2 太子の信仰 / 12
  • 3 其他の西方願生者 / 13
  • 4 上生思想との關係 / 14
  • 5 三期信仰の比較 / 14
  • 6 平安朝の願生者 / 15
  • 7 法相三論の學匠 / 18
  • 8 眞言事相の隆盛 / 19
  • 9 天台事相の勃興 / 20
  • 10 慈惠の敎學大成と源信の淨土敎開發 / 21
  • ホ 源信和尚を中心とする叡山の淨土敎 / 22
  • 1 和尚以前の天台家の西方願生者一覽 / 22
  • 2 傳敎大師の淨土敎 / 25
  • 3 慈覺大師の淨土敎 / 27
  • 4 五臺念佛の傳授者に就て / 29
  • 5 法華三昧と常行三昧の關係 / 34
  • 6 聲明道と淨土敎 / 39
  • 7 慈惠儈正の淨土敎 / 43
  • 8 覺運儈正の淨土敎 / 46
  • 9 良忍上人の淨土敎 / 52
  • ヘ 源信和尚以後の南北の淨土敎 / 53
  • ト 前來所論の歸結 / 64
  • 二 淨土敎發逹史より見たる源信和尚の念佛 / 67
  • イ 源信和尚と源空聖人 / 67
  • ロ 和尚の念佛の種類及その歸趣 / 68
  • ハ 念佛の意義と觀稱の關係 / 70
  • ニ 源空聖人所簡の念佛と往生要集 / 72
  • ホ 歸結 / 79
  • 三 和尚の略傳及著書 / 80
  • イ 傳記參考書及關係資料 / 80
  • ロ 和尚の略傳 / 83
  • ハ 著書及眞僞 / 84
  • 四 往生要集の異本及末註 / 87
  • イ 異本考 / 87
  • 1 原本
  • 2 古寫本
  • 3 版本
  • ロ 末註 / 93
  • 五 此集撰述の意趣とその旨歸 / 98
  • 六 元祖、宗祖、中宗の往生要集に於ける關係 / 102
  • 七 源空聖人の硏究に現れたる往生要集 / 104
  • イ 往生要集釋に就て / 104
  • 1 一部三分 / 105
  • 2 章門開合 / 105
  • 3 廣十門槪說 / 107
  • 4 略、七法 / 107
  • 5 要念佛一行 / 108
  • ロ 往生要集詮要に就て / 112
  • 1 十門開合 / 112
  • 2 合攝一門 / 113
  • ハ 選擇集に就て / 114
  • ニ 一枚起請文に就て / 115
  • ホ 此集念佛の歸結及び先輩苦心の蹤 / 115
  • 八 親鸞聖人の著作に現れたる往生要集 / 121
  • 一 念佛一門の文 / 121
  • 二 菩提心の文 / 123
  • 三 一心稱念寤寐莫忘の文 / 125
  • 四 我亦左彼の文 / 126
  • 五 男女貴賤不簡行住坐臥の文 / 128
  • 六 極重惡人無他方便の文 / 129
  • 七 念佛勝益の三文 / 133
  • 八 專雜得失報化辨立の文 / 136
  • 九 其他諸處に隱見するもの / 144
  • 十 我祖の信心爲本と往生要集 / 145
  • 九 蓮如上人の御文に現れたる往生要集 / 147
  • 一 和尚と蓮師との化風の相似 / 147
  • イ 自行と化他 / 147
  • ロ 抽象的と具體的 / 150
  • ハ 理論と實際 / 151
  • 二 御文に現れたる往生要集 / 152
  • 一 念佛一門の文に就て / 153
  • 二 他力の菩提心 / 153
  • 三 外儀雖異と寤寐莫忘 / 153
  • 四 我亦在彼攝取之中の文 / 154
  • 五 不簡行住坐臥不論時處諸緣の文 / 154
  • 六 極重惡人無他方便の文 / 154
  • 七 念佛勝益の文 / 154
  • 八 專雜得失報化辨立の文 / 155
  • 九 宗祖引用の有無に拘らず相承せらるゝもの / 155
  • 三 因に來迎の義を論ず / 160
  • 1 來迎不來迎名義 / 160
  • 2 西鎭取扱 / 160
  • 3 元祖と我祖との交際 / 161
  • 4 諸行來迎 / 161
  • 5 念佛來迎 / 161
  • 6 前二者の關係 / 162
  • 7 假益實益 / 162
  • 8 口傳鈔會釋 / 163
  • 9 六要鈔と眞要鈔の料簡 / 164
  • 10 結論 / 168
  • 十 和尚の二法語と往生要集 / 169
  • イ 法語の種類 / 169
  • ロ 橫川法語に就て / 170
  • 1 註釋 / 170
  • 2 分科 / 170
  • 3 大意 / 171
  • 4 要義 / 172
  • 5 叡山所傳との比較 / 175
  • ハ 勸進往生偈の文科 / 175

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 往生要集講録
著作者等 上杉 文秀
書名ヨミ オウジョウ ヨウシュウ コウロク
巻冊次
出版元 安居事務所
刊行年月 大正14
ページ数 2冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
43041402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想