必須大鏡・増鏡

伊東俊子 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 解題 / 1
  • 〔大鏡〕 / 7
  • 序の一 / 7
  • 序の二 / 11
  • 序の三 / 16
  • 序の四 / 17
  • 序の五 / 20
  • 帝紀 / 23
  • 後一条天皇紀-この大鏡をものがたる理由のこと-(設問) / 24
  • 摂関伝 / 26
  • 良房伝-染殿の后の前での和歌のこと-(設問) / 27
  • 基経伝の一-基経薨去のこと-(設問) / 28
  • 基経伝の二-基経の子息のこと-(設問) / 30
  • 時平伝の一-菅原道真筑紫に出発のこと-(設問) / 32
  • 時平伝の二-菅原道真の漢詩のこと- / 34
  • 時平伝の三-同じく菅原道真の漢詩のこと-(設問) / 36
  • 時平伝の四-菅原道真のたたりのこと / 38
  • 忠平伝-宗像明神の石だたみのこと-(設問) / 39
  • 実頼伝の一-実頼の日頃のたしなみのこと-(設問) / 41
  • 実頼伝の三-佐理の大弍の失敗のこと-(設問) / 42
  • 頼忠伝-公任、大井河の行楽に和歌を作ろこと-(設問) / 44
  • 師輔伝の一-村上帝女御安子のこと-(設問) / 47
  • 師輔伝の二-師輔、百鬼夜行に出あうこと-(設問) / 49
  • 伊尹伝の一-後少将義孝、死去のこと-(設問) / 52
  • 伊尹伝の二-後一条天皇御幼時のこと / 55
  • 兼通伝の一-兼通、袴著のこと-(設問) / 56
  • 兼通伝の二-東三条殿(兼家)官職をとられること-(設問) / 58
  • 兼家伝の一-兼家室、ゆふけ問うこと-(設問) / 60
  • 兼家伝の二-師宮と和泉式部とのこと-(設問) / 62
  • 兼家伝の三-《かけろふ日記》の作者のこと-(設問) / 64
  • 道隆伝の一-道隆の酒ぐせのこと-(設問) / 67
  • 道隆伝の二-伊周、参内のこと-(設問) / 69
  • 道隆伝の三-伊周、和歌の序題を書くこと-(設問) / 73
  • 道長伝の一-道長室、源倫子の栄花のこと-(設問) / 74
  • 道長伝の二-馬頭顕信、出家のこと-(設問) / 77
  • 道長伝の三-道長、略歴のこと-(設問) / 81
  • 道長伝の四-五月雨の夜の肝だめしのこと-(設問) / 83
  • 道長伝の五-道長、伊周、石山詣でに随伴のこと-(設問) / 90
  • 道長伝の六-法成寺供養のこと-(設問) / 93
  • 昔物語の一-醍醐天皇、大井河行事のこと-(設問) / 95
  • 昔物語の二-村上天皇御趣味のこと- / 100
  • 昔物語の三-宇多天皇の御代、遊女のこと- / 102
  • 昔物語の四-貫之、躬恒、作歌のこと / 105
  • 〔增鏡〕
  • 序の一 / 108
  • 序の二 / 111
  • 序の三 / 115
  • 第一、 おどろの下の一-後鳥羽院御即位のこと-(設問) / 119
  • 第一、 おどろの下の二-後鳥羽院の歌合を催されること-(設問) / 124
  • 第二、 新島もりの一-鎌倉幕府創始のこと-(設問) / 127
  • 第二、 新島もりの二-源氏、北条氏交替のこと-(設問) / 131
  • 第二、 新島もりの三-隱岐の後鳥羽院のこと- / 135
  • 第六、 おりゐの雲-顕定大納言、出家のこと-(設問) / 140
  • 第七、 北野の雪-亀山殿の、歌合のこと-(設問) / 142
  • 第十、 老のなみの一-蒙古来襲のさわぎのこと-(設問) / 147
  • 第十、 老のなみの二-神風のこと-(設問) / 149
  • 第十一、 さしぐし-両統併立の始まりのこと-(設問) / 151
  • 第十三、 秋のみ山-後醍醐天皇即位のこと-(設問) / 154
  • 第十四、 春のわかれ-正中の変のこと-(設問) / 157
  • 第十五、 むら時雨の一-元弘の旗あげのこと-(設問) / 160
  • 第十五、 むら時雨の二-天皇都を後にし給うこと-(設問) / 165
  • 第十五、 むら時雨の三-比叡山下、天皇方奮戦されること-(設問) / 167
  • 第十五、 むら時雨の四-持明院殿統(伏見上皇)を六波羅におうつしすること-(設問) / 170
  • 第十五、 むら時雨の五-笠置行在所のこと-(設問) / 173
  • 第十五、 むら時雨の六-新帝(光厳)御即位のこと-(設問) / 175
  • 第十六、 久米のさら山の一-先帝(後醍醐)、隱岐へ行幸のこと-(設問) / 177
  • 第十六、 久米のさら山の二-先帝方の公卿、流罪のこと(設問) / 180
  • 第十六、 久米のさら山の三-先帝供奉の一人、源中納言具行のこと-(設問) / 182
  • 第十七、 月草の花の一-名和又太郎長年のこと-(設問) / 184
  • 第十七、 月草の花の二-先帝還幸によって、京都がさわがしいこと-(設問) / 186
  • 第十七、 月草の花の三-新田小四郎義貞、鎌倉をせめること-(設問) / 188
  • 設問解答
  • 大鏡 / 191
  • 増鏡 / 197
  • 系図 / 200
  • 索引 / 205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 必須大鏡・増鏡
著作者等 伊東 俊子
書名ヨミ ヒッス オオカガミ マスカガミ
シリーズ名 必須国漢双書
出版元 研数書院
刊行年月 1952
ページ数 213p
大きさ 19cm
NCID BA53079057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53001627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想