公民道徳

大島正徳 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 人生の曙 / 1
  • 世の中
  • 希望
  • 職業
  • 最も尊いこと
  • 立派の人間
  • 第一の心がけ
  • 二 健康 / 6
  • 命あつての物種
  • 健康の幸福
  • 元氣
  • 國民の體格
  • 健康增進法
  • 衞生思想の普及
  • 三 誠意 / 15
  • 正心誠意
  • 感動と安心
  • 自ら欺くことは出來ぬ
  • 良心の作用
  • 心の暗と光明
  • 四 友愛 / 20
  • 友達
  • 人生の幸福
  • 一時の友と眞の友
  • 惡友
  • 信義
  • 友愛の情
  • 五 家族 / 26
  • 人生の和樂
  • 日本の家族生活と西洋の家族生活
  • 我國と家族主義
  • 時代の變化と孝養の方法
  • 依賴心の弊
  • 六 社會 / 33
  • 社會の一員
  • 種々の社會生活
  • 共同關係
  • 國家と社會生活
  • 社會と我
  • 公共心公德心
  • 世界人類
  • 七 規律 / 41
  • 秩序と規律
  • 公の禮儀
  • 時間の不規律
  • 時間觀念の缺如
  • 能率と時間嚴守
  • 集會
  • 八 娛樂 / 48
  • 休養と娛樂
  • 人の趣味と人品風習
  • 個人的なると共同的なると
  • 肉體的なると精神的なると
  • 高尚の趣味
  • 俗謠の改良
  • 趣味の改善
  • 九 人格 / 56
  • 人の人たる所以
  • 自覺的意志
  • 人格の尊重
  • 平等と人格の形式
  • 差別と人格の實質
  • 惡平等
  • 機會均等主義と實質上の差別
  • 優秀偉大なる人格
  • 人を生かす力
  • 一〇 輿論 / 71
  • 輿論尊重の時代
  • 國家社會の一員たる自覺
  • 人格の平等性と輿論尊重の理由
  • 少數意見
  • 多數决は實行上の便宜法
  • 輿論の高下と國民の人格的品位
  • 理想家先覺者の任務
  • 輿論の惡化と輿論の改造
  • 輿論の基礎は人格
  • 一一 勞働 / 82
  • 何のために働くか
  • よりよき生活
  • 精神的要求
  • 自立の計
  • 肉體的勞働と精神的勞働
  • 職分に忠實
  • 勞働を卑しむ風
  • 働くは義務
  • 使用人に對する取扱方の注意
  • 勞働者と資本家
  • 人格的覺醒
  • 一二 財產 / 95
  • 財產は勞働の結果
  • 恒產なければ恒心なし
  • 私有財產と社會公共關係
  • 商業道德の低級
  • 利己本位の弊
  • 道德と金錢
  • 貧富と道德心の高下深淺
  • 性格上の弱者
  • 富の高さより心の高さ
  • 一三 社會關係 / 112
  • 五倫五常と社會關係の道德
  • 昔と今との相違
  • 面識關係血族關係と見ず識らずの關係民衆關係
  • 公德心
  • 自治團體と公民的自覺
  • 一四 國家 / 120
  • 一 國體
  • 君主國體と民主國體
  • 世界の現狀と我が立國の大義
  • 權力服從關係以上一心同體の關係
  • 有史以前より君民の分、明白
  • 血族親愛の關係
  • 新附の國民に對する注意
  • 民意を本とする政治
  • 民本思想の同化
  • 二 愛國心
  • 人情の自然
  • 國民的自覺
  • 國自慢排外心の不可
  • 相互國民の敬意
  • 長所缺點の自覺自警
  • 模倣生活は不可
  • 三 愛國の方法
  • 臣民の權利義務の履行
  • 國民的良心
  • 官公吏の道德
  • 所有權と社會公共事業
  • 言論思想と國民の文化
  • 兵役と靑年の覺悟
  • 納稅と公共心
  • 選擧道德覺醒の急務

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 公民道徳
著作者等 大島 正徳
書名ヨミ コウミン ドウトク
出版元 青年教育会
刊行年月 大正13
版表示 25版
ページ数 152p
大きさ 22cm
NCID BN09875496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43041395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想