排球コーチ

上山辰二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 ヴアレーボールの沿革 / 2
  • ヴァレーボールの起原 / 2
  • 極東大會に於ける成績 / 3
  • 日本に於ける最近の成績 / 9
  • 第二章 ヴアレーボールの特質 / 12
  • 第一節 體育上の特質 / 12
  • 第二節 ヴァレーボールの普遍性 / 14
  • 第三節 ヴアレーボールの社會的訓練上の特質 / 16
  • 第四節 民衆體育としてのヴァレーボール / 19
  • 第三章 要領とコーチ / 20
  • 第一節 技術の要領とコーチ / 20
  • 第一項 ボールの打ち方 / 20
  • 第二項 變態の打ち方三つ / 25
  • 第三項 送球距離について / 28
  • 第四項 サーヴについて / 29
  • 第五項 スマツシングについて / 34
  • 第六項 レシーヴについて / 54
  • 第七項 ネットボールについて / 58
  • 第八項 ネツト上のボール / 60
  • 第二節 チームワークとコーチ / 61
  • 第一項 防禦に於けるチームワーク / 61
  • 第二項 攻擊に於けるチームワーク / 71
  • 第三項 總合的チームワーク / 74
  • 第四項 チームワークの其の他 / 75
  • 第四章 策戰十六法 / 78
  • 第一節 ヂヤンケンに勝つて / 78
  • 第二節 サーヴと策戰 / 79
  • 第一項 風とサーヴ / 79
  • 第二項 光線とサーヴ / 80
  • 第三項 守備とサーヴ / 81
  • 第四項 サーヴイングオーダー / 81
  • 第五項 フアーストサーヴを入れる可き時 / 82
  • 第三節 攻擊と策戰 / 83
  • 第一項 光線と攻擊 / 83
  • 第二項 風と攻擊 / 84
  • 第三項 守備と攻擊 / 85
  • 第四項 各プレーヤーは如何に働かすべきか / 86
  • 第四節 防禦と策戰 / 87
  • 第一項 光線と打ち返し / 87
  • 第二項 風と陣形 / 87
  • 第三項 相手方の力量と陣形 / 88
  • 第五節 交代及びタイムアウト / 88
  • 第六節 イーヂーゲーム / 92
  • 第五章 其の他の問題 / 93
  • 第一節 初步のコーチ / 93
  • 第二節 基本練習と實際的練習 / 96
  • 第三節 試合 / 99
  • 第四節 設備 / 100
  • 第五節 服裝 / 102
  • 第六節 人選の要件 / 103
  • 第七節 試合に臨んで / 103
  • 第八節 コーチに對する暗示 / 109
  • 第九節 選手と專門外の運動競技 / 114
  • 第十節 强いテイームとなる條件 / 118
  • 第十一節 選手の心得 / 122
  • 第十二節 審判に關すること / 127
  • 第十三節 練習の心理的過程 / 135
  • 第十四節 練習の法則 / 140
  • 第十五節 アメリカのヴアレーボール / 142
  • 第十六節 優勝選手より / 145
  • 第六章 ヴアレーボール規程 / 166
  • 明治神宮竸技大會ヴアレーボール規程及註釋 / 166
  • ゲーム / 166
  • 第一章 コート / 167
  • 第二章 ネツト / 171
  • 第三章 ボール / 174
  • 第四章 テイーム / 174
  • 第五章 役員及役員の任務 / 177
  • 第六章 竸技用語 / 183
  • 第七章 竸技規則 / 195
  • 第八章 得點及サイドアウト / 207
  • 第九章 採點 / 225
  • 第十章 競技者の行爲 / 228
  • 第十一章 沒收ゲーム / 229
  • 第十二章 決定 / 230
  • 明治神宮競技大會ヴアレーボール女子規定 / 231
  • 小學校に於けるヴアレーボール規定私案 / 232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 排球コーチ
著作者等 上山 辰二
宮田 覚造
書名ヨミ ハイキュウ コーチ
出版元 日本体育学会
刊行年月 昭和4
ページ数 233p 図版32枚 肖像
大きさ 20cm
NCID BA43459641
BN10795725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47016285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想