老農渡部斧松翁伝

西岡虎之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 年譜 卷首
  • 緖言 / 1
  • 第一章 修養時代 / 4
  • 第一節 少年時代 / 4
  • 第二節 靑年時代の苦鬪 / 7
  • 第三節 江戶に出でて立身を圖る / 13
  • 第二章 鳥居長根の開墾 / 19
  • 第一節 開墾の動機 / 19
  • 第二節 開墾の準備 / 22
  • 第三節 引水工事 / 29
  • 第四節 鳥居長根下谷地の開墾と渡部新村の建設 / 33
  • 第五節 辛勞免高下附と水路の改修 / 37
  • 第六節 換地の履行 / 42
  • 第七節 鳥居長根上谷地の開墾と執政向右近の壓迫 / 45
  • 第八節 藩廳の優遇 / 53
  • 第三章 渡部新村の經營 / 56
  • 第一節 天保の飢饉と其處置 / 56
  • 第二節 常備倉の設置 / 61
  • 第三節 市場の開設 / 66
  • 第四節 肝煎地主への戒飭 / 69
  • 第五節 村法の制定 / 80
  • 第六節 祭禮と公休日 / 93
  • 第七節 向性院建立と其維持 / 94
  • 第八節 用水堰と防風林 / 97
  • 第四章 公人としての翁 其一水利事業 / 100
  • 第一節 山本秋田二郡の水利疏通 / 100
  • 第二節 阿仁川の除害工事 / 102
  • 第三節 能代川の除害工事 / 102
  • 第四節 馬場目中津又兩川の除害工事 / 108
  • 第五節 下虻川の築堤 / 110
  • 第六節 旭川の護岸工事 / 113
  • 第七節 四小屋堰の大改修 / 115
  • 第八節 八郞湖疏水計劃 / 121
  • 第九節 水利工事餘話 / 123
  • 第五章 公人としての翁 其二開墾事業 / 125
  • 第一節 開墾事業に對する翁の見解 / 125
  • 第二節 川井村の開墾と新村の建設 / 137
  • 第三節 竹生次田二村の開墾 / 138
  • 第四節 各所の開墾 / 140
  • 第五節 各地の開墾指導 / 146
  • 第六節 小男鹿村 / 155
  • 第七節 未了の開墾地 / 157
  • 第八節 家老大繩家よりの開墾懇望 / 160
  • 第九節 但馬國よりの開墾照會 / 161
  • 第六章 公人としての翁 其三救濟事業 / 165
  • 第一節 能代港の救濟 / 165
  • 第二節 吉田村の救濟 / 169
  • 第三節 太田新田の再興 / 172
  • 第四節 船川港の地區割 / 177
  • 第五節 湯澤家の振興策 / 180
  • 第七章 公人としての翁 其四殖產事業 / 184
  • 第一節 雜糓の奬勵 / 184
  • 第二節 植林の奬勵 / 185
  • 第三節 養蠶の奬勵 / 192
  • 第四節 漁業の奬勵 / 193
  • 第五節 男鹿石 / 198
  • 第六節 男鹿馬 / 199
  • 第七節 農具の製作 / 202
  • 第八章 公人としての翁 其五雜 / 205
  • 第一節 藩政に關する意見 / 205
  • 第二節 海岸防備の建言 / 223
  • 第三節 紛爭の調停 / 225
  • 第九章 私人としての翁 / 234
  • 第一節 城下移住勸告の辭退 / 234
  • 第二節 努力實踐の人 / 236
  • 第三節 情義篤き人 / 238
  • 第四節 翁の交友と門下 / 244
  • 第五節 翁の卒去 / 248
  • 結言 / 251
  • 附錄
  • 註 / 1
  • 附圖 卷尾

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 老農渡部斧松翁伝
著作者等 西岡 虎之助
書名ヨミ ロウノウ ワタナベ オノマツ オウ デン
書名別名 Rono watanabe onomatsu o den
出版元 山喜房
刊行年月 昭和3
ページ数 252, 109p 図版18枚 肖像
大きさ 23cm
NCID BN0948644X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47027245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想