歴代国文学精選

岡部美二二 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 月色(齊武名士經國美談) 矢野龍溪 / 1
  • 死(骨ぬすみ) 廣津柳浪 / 3
  • 面影(金色夜叉) 尾崎紅葉 / 7
  • 嘆(廢園) 三木露風 / 10
  • 足弱車(みをつくし) 上田敏 / 10
  • 牛肉と馬鈴薯(牛肉と馬鈴薯) 國木田獨步 / 15
  • 夕烏(俳句) 子規 鳴雪等 / 18
  • 胡蝶(胡蝶) 山田美妙齋 / 19
  • 二百十日(二百十日) 夏目漱石 / 22
  • 葉わか楓(戀衣) 與謝野晶子等 / 28
  • たけくらべ(たけくらべ) 樋口一葉 / 30
  • 飛彈の山(高野聖) 泉鏡花 / 32
  • 夜風(三日月) ちぬの浦浪六 / 34
  • 出雲の阿國(出雲の阿國) 伊原靑々園 / 36
  • 麥の香(邪宗門) 北原白秋 / 41
  • 山櫻(不如歸) 德富蘆花 / 42
  • 一握の砂(一握砂) 石川啄木 / 45
  • 親のいさめ(毒草) 與謝野鐡幹 / 45
  • 近眼(一讀三嘆當世書生氣質) 坪內逍遙 / 46
  • 夢幻境(即興詩人) 森鷗外 / 50
  • 自序(折焚く柴の記) 新井白石 / 54
  • 芳流閣(南總里見八犬傳) 瀧澤馬琴 / 56
  • 百虫譜(鶉衣) 橫井也有 / 60
  • 江戶生浮氣樺燒(江戶生浮氣樺燒) 山東京傳 / 62
  • 新にいひ出でたる說は頓に人の承引かぬ事(玉勝間) 本居宣長 / 65
  • 春を惜しむ記(琴後集) 村田春海 / 67
  • 老少不定(小三金五郞假名文章娘節用) 曲山人 / 69
  • 夕雲雀(短歌) 契沖等 / 72
  • 夏草(奧の細道) 松尾芭蕉 / 74
  • 怨靈(雨月物語) 上田秋成 / 77
  • 居候(柳髮新話浮世床) 式亭三馬 / 80
  • あんずの花(俳諧) 貞德等 / 83
  • 女殺油地獄(女殺油地獄) 近松門左衞門 / 84
  • 座頭の川わたり(東海道中膝栗毛) 十返舍一九 / 87
  • うたゝね(柳樽) 柄井川柳 / 90
  • 春吹く風(好色五人女) 井原西鶴 / 91
  • 煎じやう常とはかはる問藥(日本永代藏) 井原西鶴 / 92
  • 隅田川(朮が花) 橘千蔭 / 95
  • ほとゝぎす(狂歌) 朱樂菅江等 / 97
  • 富士の根(岡部日記) 賀茂眞淵 / 98
  • 梅が香(炭俵集) 芭蕉等 / 100
  • 可存忠信廉直旨事(十釧抄) / 101
  • 繪佛師良秀(十訓抄) / 103
  • 中風(さし繩) / 104
  • 志賀の故都(東關紀行) 源親行 / 108
  • 松風(松風) / 110
  • 義光最後(太平記) / 113
  • 旅立ち(十六夜日記) 阿佛尼 / 116
  • 福原落(平家物語) / 119
  • 日野山閑居(方丈記) 鴨長明 / 121
  • 御製 / 123
  • 露の命(增鏡) / 124
  • 鳥部野(徒然草) 吉田兼好 / 128
  • 天の戶(新古今集・其他) 後京極良經等 / 132
  • 一寸法師(一寸法師) / 134
  • 池尾禪智內供鼻語(今昔物語) 源隆國 / 136
  • 四季(枕草子) 淸少納言 / 139
  • 蟲は(枕草子) 淸少納言 / 140
  • 鶯のやど(大鏡) / 141
  • 花の色(古今集) 小野小町等 / 142
  • 有明の月(和泉式部日記) 和泉式部 / 143
  • 玉蔓(源氏物語) 紫式部 / 145
  • 追ひ風(土佐日記) 紀貫之 / 152
  • 我が駒(催馬樂) / 153
  • もちの日(竹取物語) / 154
  • 都鳥(伊勢物語) 在原業平 / 158
  • 三日の夜(落窪物語) / 160
  • 貧窮問答歌(萬葉集) 山上憶良等 / 164
  • 豐旗雲(萬葉集) / 169
  • 稻羽の白莵(古事記) / 170
  • 六月晦大祓(祝詞式) / 173
  • 代表著作年表 / 180
  • 作家對照年表 / 189

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 歴代国文学精選
著作者等 岡部 美二二
書名ヨミ レキダイ コクブンガク セイセン
出版元 広文堂
刊行年月 昭和3
ページ数 203p
大きさ 20cm
全国書誌番号
47028268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想