支那は何処へ?

ニアリング 著 ; 秋月民一 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 原著者序文
  • 第一章 一八四〇年の支那 / 1
  • 一 支那の古代
  • 二 基礎的社會制度
  • 三 支那文化の多樣性
  • 四 支那社會の成熟
  • 第二章 列國と支那 / 13
  • 一 帝國主義的支配より植民地叛亂へ
  • 二 支那に適用されたる帝國主義的公式
  • 三 支那に於ける經濟的便益の獲得
  • 四 支那への阿片販賣
  • 五 支那に於ける餘剩工場生產品の賣買
  • 六 外債
  • 七 永代的經濟的隷屬
  • 八 政治的支配
  • 九 支那領土の略奪
  • 一〇 銃砲と軍艦
  • 一一 日本の二十一ケ條要求 一九一五年
  • 一二 平和會議
  • 一三 ワシントン會議
  • 一四 社會統制 宣傳
  • 一五 帝國主義的優越
  • 一六 支那に於ける帝國主義者、香港
  • 第三章 ソビエツト同盟の登場 / 71
  • 一 露西亞革命
  • 二 西歐とソビエツト露西亞の斷絕
  • 三 ソビエツト同盟の歐亞連携發案
  • 四 東方會議
  • 五 ソビエツト同盟内に於ける少數民族の取扱
  • 六 近東戰略
  • 七 極東戰略
  • 八 一九二四年の支那條約
  • 九 一九二五年の日本條約
  • 一〇 既成事實としての歐亞連携
  • 一一 ソビエツトの對支交涉
  • 第四章 一九二五-六年に於ける支那 / 117
  • 一 舊支配經濟
  • 二 新しき革命的經濟
  • 三 支那の資源及人口
  • 四 支那の貿易
  • 五 殘存舊社會秩序
  • 六 新社會制度
  • 七 勞働組合
  • 八 農民同盟
  • 九 統制ある政黨
  • 一〇 商民協會
  • 一一 新設の學校
  • 一二 支那の軍隊
  • 一三 現代支那の社會集團
  • 一四 在支外國人
  • 一五 支那の學生
  • 一六 組織勞働者
  • 一七 舊支那の遺制
  • 第五章 支那のための抗爭 / 170
  • 一 戰場としての支那
  • 二 第一革命期(一八九四-五年-一九一一-一二年)
  • 三 第二革命期(一九一三-一九二七年)
  • 四 一九一九年の學生反抗運動
  • 五 一九二二年勞働者の反抗運動
  • 六 再組織されたる國民黨
  • 七 守勢をとる帝國主義
  • 八 一九二五-一九二七年の支那大衆運動
  • 九 反革命
  • 一〇 革命の第三期
  • 一一 一九二七年の鬪爭の趨向
  • 第六章 世界的原動力としての支那 / 236
  • 一 新亞細亞
  • 二 叛亂の亞細亞
  • 三 亞細亞の反抗に及ぼせる支那の影響
  • 四 亞細亞、歐羅巴及び亞米利加
  • 五 太平洋 支那及び合衆國
  • 六 支那 亞細亞 新社會秩序
  • 追錄第一 原著出版者による追錄 / 1
  • 追錄第二 譯者による追錄 / 7

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那は何処へ?
著作者等 Nearing, Scott
秋月 民一
ニアリング
書名ヨミ シナ ワ ドコ エ
書名別名 Shina wa doko e
出版元 同人社
刊行年月 昭和7
ページ数 280, 29p
大きさ 20cm
NCID BN12544704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47030825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想