夫婦の道

徳富猪一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 本文講述の由來 / 1
  • 一 家庭の本位は何れぞ
  • 夫婦本位乎、親子本位乎 / 4
  • 二 夫婦本位と家族別居
  • 家庭の單純化、自由化、淸淨化、淸福化 / 11
  • 三 夫婦一體とは何ぞや
  • 互に個性を尊重し容認せよ / 21
  • 四 結婚の目標は家の經營
  • 單に愛情的生活に依つて達し難し / 31
  • 五 愛を永遠に繫ぐの道
  • 愛すると與に敬せよ、敬して久しかれ / 41
  • 六 愛を長養する心得
  • 愛情の儉約と貯蓄、愛情の涵養と打算 / 52
  • 七 忍耐と更に同情
  • 不足不滿や性格相反する相手の場合 / 62
  • 八 夫婦間の貞操
  • 男子も亦た貞操を護持せよ / 71
  • 九 夫婦間の信用
  • 家庭幸福の原、平和の原、繁昌の原 / 81
  • 十 法律上の不公平
  • 貞操と財産とに對する規定 / 91
  • 十一 嫉妬は最も危險なる毒素
  • 反省來らず却て反動を激成す / 101
  • 十二 結論
  • 相互に奉仕の一念を護持せば夫婦の道兹に於てか全し / 111

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 夫婦の道
著作者等 徳富 猪一郎
徳富 蘇峰
書名ヨミ フウフ ノ ミチ
書名別名 Fufu no michi
出版元 主婦之友社
刊行年月 昭和3
ページ数 120p 肖像
大きさ 20cm
NCID BN05726483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47018204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想