北陸の偉人大和田翁

中安信三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一回 大和田翁と澁澤翁 / 1
  • 第二回 大和田翁を生んだ社會 / 11
  • 第三回 敦賀は歷史ある貿易港 / 18
  • 第四回 大和田翁の幼時と其の敎育 / 25
  • 第五回 大和田家に迎へられ養嗣子となる / 33
  • 第六回 大和田家の基礎を築き上げる / 38
  • 第七回 崇祖の念から先考の銅像を建てる / 44
  • 第八回 養蠶奬勵に憂身をやつす / 51
  • 第九回 米糓受渡しの惡弊を矯正す / 58
  • 第十回 製莚業の改良に努力し敦賀莚の聲價を昂める / 63
  • 第十一回 船荷問屋組合を設立す / 76
  • 第十二回 海防費を献納し黃綬褒賞を賜はる / 81
  • 第十三回 私費で浦鹽に貿易視察員を送る / 88
  • 第十四回 松方藏相に會見敦賀の經濟事情を陳述す / 97
  • 第十五回 銀行設立の决意堅く凖備に沒頭す / 107
  • 第十六回 大和田銀行の異敷な發展 / 124
  • 第十七回 福井の羽二重工業に融資の途を開く / 133
  • 第十八回 北陸の大都會金澤に進出す / 142
  • 第十九回 株式組織に改め新築を斷行す / 147
  • 第二十回 貯金銀行を設け貯蓄を奬勵す / 158
  • 第廿一回 敦賀商品取引所設置の事 / 163
  • 第廿二回 前田正名氏を後援す / 172
  • 第廿三回 翁の力を注いだ事業 / 181
  • 第廿四回 敦賀開港の恩人 / 186
  • 第廿五回 浦敦航路の開始に奔走す / 191
  • 第廿六回 ホテルの建設を思ひ立つ / 201
  • 第廿七回 第一次の築港に努力す / 208
  • 第廿八回 朝鮮航路の獨占に成功す / 215
  • 第廿九回 獸疫檢疫所の設置に苦心す / 223
  • 第三十回 對岸實業協會の設立 / 235
  • 第卅一回 第二次築港の達成に大奮鬪 / 248
  • 第卅二回 築港倉庫會社を守り立て港灣設備の完成に努力す / 263
  • 第卅三回 築港倉庫會社遂に解散 / 282
  • 第卅四回 敦賀繁榮會の設立 / 294
  • 第卅五回 臨港鐵道の急設を迫る / 314
  • 第卅六回 敦賀の發展に就いて翁の意見と理想 / 322
  • 第卅七回 敦賀商業會議所を設立し獨力で其の新築を支辨す / 330
  • 第卅八回 築港完成の爲めに公職引退 / 339
  • 第卅九回 農業振興を論じ農銀設立に及ぶ / 363
  • 第四十回 義俠心から大阪生命の整理を受諾す / 370
  • 第四十一回 遠大な理想を以て對露交涉 / 378
  • 第四十二回 災害に方り從容積極的救恤に努む / 395
  • 第四十三回 社會公益事業に盡した無數の事蹟 / 404
  • 第四十四回 敦賀廳舍の新築寄附 / 422
  • 第四十五回 銅像を建設して町民功勞を偲ぶ / 428
  • 第四十六回 翁の經歷を大觀して其偉大な精神を偲ぶ / 433
  • 附錄 大和田翁經歷誌 / 451

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北陸の偉人大和田翁
著作者等 中安 信三郎
書名ヨミ ホクリク ノ イジン オオワダ オウ
出版元 似玉堂
刊行年月 昭和9
版表示 訂正増補版
ページ数 488p 図版 肖像
大きさ 19cm
NCID BA45161196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47020155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想