満洲は微笑む : 漫遊綺談

真鍋儀十 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 不意に繰込む機關銃の一隊 / 1
  • 自慢の腕時計も滅茶々々 / 3
  • 軍司令部跡に頑張り込む / 7
  • 案に相違した溫容の將軍 / 10
  • 四發の彈丸がズドンと見舞ふ / 15
  • 鬼哭啾々たる北大營の趾 / 20
  • 不肖の兒親の遺骨を捨つ / 24
  • 奇拔な學良流の豫算總表を覗く / 27
  • 貨幣は有つても遺ひ方が解らぬ / 31
  • 銀座の彼女を喜ばす百圓札 / 37
  • 省長室の臧式毅を訪ふ / 40
  • 牢舍は一種の高等下宿である / 44
  • 知事の相場は普通品で三萬元 / 48
  • 滿洲の彥左衞門袁金鎧と語る / 51
  • 城春にして草すら靑まず / 55
  • 公認捨子所と秘密出產所 / 59
  • 殷賑を極むる泥坊市場の橫顏 / 62
  • 難攻不落の奉天城乘つ取り / 67
  • 馬賊の根城を迂路つき廻る / 70
  • 之が本當の山海の珍味だ / 76
  • 艶かしく更くる平康里の夜 / 81
  • 町の音樂家は剽輕な古着屋 / 86
  • 昔の湯女を今に見る風呂 / 90
  • 大通りで汽車を賣る商人 / 93
  • 殺されても有難うとは言はぬ / 96
  • 街頭の愛敬者を訪ねて步く / 100
  • のべつ幕なしの語源茲に在り / 104
  • 軍器不當で威張る質屋の親爺 / 107
  • 都會を抱えて步く坑夫達 / 111
  • 嫌はれ者お前の名は日本人 / 115
  • 宛ら瓦斯タンクの示威運動 / 119
  • 憧憬の國都長春へ乘込む / 124
  • 血腥き南嶺の戰跡を弔ふ / 129
  • 若き執政溥儀氏に謁して / 134
  • 忍苦二十年の鄭總理と語る / 138
  • 乞食の案内で阿片窟回り / 141
  • 滿洲の京都、吉林の風光 / 148
  • 絕緣狀を敲付けて起つた熙洽 / 153
  • 白衣の同胞何處に行く / 156
  • スハ鐵橋爆破アツ列車轉覆 / 161
  • ロマノフ王朝の名殘を留めて / 165
  • 二十四挺の銃口を揃え「擊て!!」 / 169
  • 甘酸ばきハルピンの街の香 / 172
  • 跣足無帽は三圓の過料徵發 / 175
  • 昂々溪嫩江方面を目指して / 177
  • 出世の捷徑は馬賊にあり / 181
  • 危險を冐して齊々哈爾に入る / 184
  • 十歲の婿殿に十五歲の花嫁 / 187
  • 流石の吾輩も悲鳴をあげる / 191
  • 一圓紙幣を挾んでの喧嘩 / 194
  • 勇敢なる女性軍の大活躍 / 198
  • 哀れ風雲兒馬占山が末路 / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲は微笑む : 漫遊綺談
著作者等 真鍋 儀十
書名ヨミ マンシュウ ワ ホホエム : マンユウ キダン
書名別名 Manshu wa hohoemu
出版元 中和書院
刊行年月 昭和7
ページ数 206p 図版 肖像
大きさ 20cm
全国書誌番号
47021174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想