仏教最後の地点 : 禅と念仏

今成覚禅 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 / 1
  • 一 實行としての宗敎 / 1
  • 二 一切を解脫するために一切を方便として / 6
  • 第一章 我らは果して罪人? / 1
  • 一 眞に改め得るか / 1
  • 二 作善も自力、造惡も自力 / 8
  • 三 佛の方より行はれて / 14
  • 四 果して自力凡夫? / 18
  • 五 然り本來人! / 24
  • 六 眞宗は未來敎? / 30
  • 第二章 禪と念佛の四宗 / 36
  • 一 四宗の槪說 / 36
  • 二 淨土宗 / 45
  • 三 淨土眞宗 / 51
  • 四 臨濟宗 / 66
  • 五 曹洞宗 / 77
  • 第三章 自力と他力との眞意義 / 97
  • 一 自力他力とのはじめ / 97
  • 二 自己は眞?妄? / 101
  • 三 眞宗の他力觀 / 105
  • 四 他力とは無我なり / 109
  • 五 行は易行、信は難行 / 112
  • 六 四願展開四願轉入 / 115
  • 七 法爾自然 / 124
  • 八 一大事因緣と三心 / 129
  • 第四章 現代相似禪批判論 / 133
  • 一 相似と眞禪 / 133
  • 二 平等と差別 / 144
  • 三 罪と惡 / 157
  • 四 相似禪の善惡の解脫と眞禪 / 173
  • 第五章 宗敎上の懺悔と道德上の懺悔 / 191
  • 一 道德上の懺悔 / 191
  • 二 宗敎上の懺悔 / 194
  • 三 罪と信じ得ざる心 / 200
  • 四 救はれがたき道德 / 203
  • 五 まかしさへすれば / 206
  • 六 のりなき世界 / 209
  • 七 總てが一つの世界 / 211
  • 第六章 功勳五位と敎行信證 / 215
  • 一 であるには / 215
  • 二 自巳を習ふなり / 218
  • 三 自己を忘るるなり / 220
  • 四 萬法に證せらるるなり / 223
  • 六 悟迹の休歇 / 230
  • 七 長々進百步 / 234
  • 八 如來の運作轉變 / 239
  • 第七章 未來思想の誤りと淨土觀 / 248
  • 一 未來敎?現實敎? / 248
  • 二 佛樣とはどんな方か / 254
  • 三 如來の淨土とは? / 260
  • 四 淨土の實在觀に對する四見 / 264
  • 五 持殊と普遍 / 268
  • 六 如來と淨土と我等 / 271
  • 七 念佛は總ての生活の源泉であり表現である / 277
  • 八 念佛卽生活の事實 / 285
  • 第八章 洞山五位と高祖道 / 292
  • 一 人法一如 / [2]2
  • 二 佛法と非佛法 / 294
  • 三 學人接得と方便 / 299
  • 四 本來成佛と方便 / 302
  • 五 五位卽一位 / 306
  • 六 人中の法、法中の人 / 309
  • 七 偏正五位 / 315
  • 八 功勳五位 / 322
  • 第九章 五位のほかに開山の佛法なし / 328
  • 一 五位に佛法なきを知つて佛法の五位を知らず / 328
  • 二 全同全別 / 333
  • 三 正偏等の五位の叱責は却つて汝が邊にあり / 337
  • 四 佛法の五位 / 341
  • 五 大悟と待悟 / 345
  • 六 禪とは隨他去なり / 353
  • 結論 宗敎生活の歸結 / 360
  • 一 佛敎の厭世は時代の反影 / 360
  • 二 自らの中に一切を見つめて / 363
  • 三 南無佛が南無佛を南無佛して / 368

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仏教最後の地点 : 禅と念仏
著作者等 今成 覚禅
書名ヨミ ブッキョウ サイゴ ノ チテン : ゼン ト ネンブツ
書名別名 Bukkyo saigo no chiten
出版元 中央仏教社
刊行年月 昭和4
ページ数 372p
大きさ 19cm
NCID BA46128924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47019115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想