吾を抱く時 : 歌集

土江苔歌 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 吾を抱く時 (五六首)大正四年-大正十年
  • 吾を抱く時 / 1
  • 旅立ちの朝 / 19
  • ああわが家よ (四二首)大正十年-大正十二年
  • 父と子と / 25
  • 母と子と / 31
  • 圓山の初夏 / 36
  • 大地は震ふ (七一首)大正十二年
  • その一 波うつ巷 / 43
  • その二 紅蓮の火むら / 46
  • その三 追はれ行く人人 / 50
  • その四 上野の山 / 54
  • その五 月下の友 / 57
  • その六 燒石原 / 60
  • われらが生ける日のために (六四首)大正十二年
  • その一 まる山 / 71
  • その二 辨天堂 / 75
  • その三 新堀の二階 / 85
  • ひとり行きつつ (二九〇首)大正十三年-大正十五年
  • ふるさとの夏 / 97
  • 巷路の秋 / 105
  • 初冬 / 108
  • 雪降る日に / 112
  • めぐり來し春 / 117
  • すぎゆく春 / 123
  • 行人 / 126
  • みなつきの頃 / 132
  • 朝の歌 / 137
  • 夏の日に / 143
  • 立秋篇 / 149
  • 月夜の歌 / 155
  • 晚秋初冬 / 161
  • 兄世を去る / 167
  • 沼津の春 / 174
  • 立ちてゐて / 180
  • 波と吾と / 189
  • 夏に入る / 193
  • 盛夏集 / 196
  • 赤城山行 (一八一首)大正八年
  • その一 松の林の下路 / 209
  • その二 なぞへが原 / 213
  • その三 山ふところ / 217
  • その四 乾反葉の音 / 221
  • その五 片杣路 / 224
  • その六 天なる原 / 228
  • その七 音をたづねて / 234
  • その八 山の宿 / 238
  • その九 み山の霧 / 245
  • その十 風の音 / 252
  • その十一 雪のほそ路 / 258
  • その十二 明るき朝 / 265
  • 卷末の言葉 / 1
  • 題字…著者

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 吾を抱く時 : 歌集
著作者等 土江 苔歌
書名ヨミ ワレ オ ダク トキ : カシュウ
シリーズ名 八合叢書 ; 第1編
出版元 八合社
刊行年月 昭和5
ページ数 273, 5p
大きさ 20cm
全国書誌番号
47016204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想