道草

夏目漱石 著

海外留学から帰って大学の教師になった健三は、長い時間をかけて完成する目的で一大著作に取りかかっている。その彼の前に、十五、六年前に縁が切れたはずの養父島田が現われ、金をせびる。養父ばかりか、姉や兄、事業に失敗した妻お住の父までが、健三にまつわりつき、金銭問題で悩ませる。その上、夫婦はお互いを理解できずに暮している毎日。近代知識人の苦悩を描く漱石の自伝的小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道草
著作者等 夏目 漱石
書名ヨミ ミチクサ
シリーズ名 新潮文庫 ; 第267
出版元 新潮社
刊行年月 1951
版表示 改版
ページ数 292p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-101014-4
NCID BA56286659
BB07069152
BN05069564
BN10680370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52001988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想