日本数学史講話

沢田吾一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序說 / 1-20
  • (甲) 江戶時代の一斑 / 1
  • (乙) 奈良朝時代の一斑 / 12
  • 第二章 王朝時代の算道 / 21-49
  • (甲) 敎科書及び試驗法、計算の方法 / 21
  • (乙) 純算學の算經 / 28
  • (丙) 應用の算經 / 35
  • (丁) 高等數學等 / 42
  • 第三章 算道の實際方面 / 50-70
  • (甲) 官吏と算道、班田制 / 50
  • (乙) 計算書類 / 56
  • (丙) 奈良朝時代の算道一般觀 / 65
  • 第四章 平安朝中期以降足利末 / 71-95
  • (甲) 算道の世襲、竹束算法等 / 71
  • (乙) 迷信及び雜件 / 82
  • 第五章 江戶時代の算術 / 96-113
  • (甲) 算術の復興、算法統宗 / 96
  • (乙) 塵劫記 / 103
  • 第六章 點竄(我國の代數學) / 114-133
  • (甲) 序說、算學啓蒙 / 114
  • (乙) 發微算法及び其の演段諺解 / 122
  • 第七章 秘傳の部分的公開 / 134-153
  • (甲) 括要算法 / 134
  • (乙) 拾璣算法 / 145
  • 第八章 圓理(我國の微分積分學) / 154-173
  • (甲) 圓理の極意 / 154
  • (乙) 圓理の創肇者及び公開者 / 159
  • (丙) 安島直圓及び和田寧 / 167
  • 第九章 東西兩數學の接觸並に我が發達過程 / 174-193
  • (甲) 幾何原本の渡來 / 174
  • (乙) 曆算全書の渡來等 / 180
  • (丙) 江戶時代數學の發達過程 / 187
  • 第十章 江戶時代の數學總括 / 194-213
  • (甲) 算學者の熱心及び國民性 / 194
  • (乙) 時代別の槪要 / 207
  • 第十一章 特殊の算書 / 214-230
  • (甲) 和歌及び計算表 / 214
  • (乙) 算數的遊戲及び戲書 / 221
  • 附錄A 「九章算術」拔錄 / 231
  • B 「五曹算經」拔錄 / 238
  • C 開平開立 / 240
  • D 算籌卽ち算木及び算盤 / 243
  • E 「發微算法演段諺解」拔錄 / 245
  • F 「括要算法」の招差法 / 249
  • G 「拾璣算法」の點竄 / 250
  • H 「乾坤之卷」譯述 / 253
  • I 「圓理綴術」拔錄、要旨 / 257
  • J 「不休綴術」に付て數學問題解法極意 / 259
  • K 「不休綴術」拔錄 / 261
  • L 「拾璣算法」の弧背密法 / 267
  • M 「弧矢弦叩底」拔錄 / 269
  • N 「括要算法」を評して圓理に及ぶ / 272
  • P 「括要算法」の定周、定背 / 275
  • Q 關先生に西洋の影響如何 / 277
  • R 百五減問題不定方程式の問題 / 280
  • S 曆道澁川春海 / 282
  • T 八代將軍吉宗公 / 284
  • U 琉球の藁算及びアイヌの二十進法 / 286
  • V 數學は曾て東西感情融和の媒介者 / 292
  • W 雜件 / 294
  • 第二附錄 孫子算經 / 303
  • 上卷 / 305
  • 中卷 / 314
  • 下卷 / 321
  • 索引 人名索引 / 329
  • 書名索引 / 330
  • 事件索引 / 333

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本数学史講話
著作者等 沢田 吾一
書名ヨミ ニホン スウガクシ コウワ
書名別名 Nihon sugakushi kowa
出版元 刀江書院
刊行年月 昭和3
版表示 再版
ページ数 334p
大きさ 23cm
NCID BN09744396
BN12635220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想