日本詩歌韻律学

湯山清 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前編 日本詩歌韻律學 / 4
  • 第一章 韻律型式の分類 / 4
  • 第一節 三大韻律型式 / 5
  • 第二節 三大韻律の細別 / 8
  • 第二章 第一型式 首尾韻 / 14
  • 第一節 純粹首尾韻 1 / 14
  • 第二節 隔音首尾韻 2 / 15
  • 第三節 對稱首尾韻 3 / 17
  • 第四節 同音首尾韻 4 / 23
  • 第五節 連句首尾韻 5 / 28
  • 第三章 第二型式 音群韻 / 28
  • 第一節 正規音群韻 6 / 28
  • 第二節 重複音群韻 7 / 29
  • 第三節 變化音群韻 8 / 29
  • 第四節 對句音群韻 9 / 35
  • 第五節 連句音群韻 10 / 38
  • 第四章 第三型式 連絡韻 / 43
  • 第一節 同音連絡韻 11 / 46
  • 第二節 隔音連絡韻 12 / 49
  • 第三節 對稱連絡韻 13 / 54
  • 第四節 音群連絡韻 14 / 60
  • 第五章 混合韻。類韻。子音韻 / 72
  • 第一節 混合韻 15 / 72
  • 第二節 類韻 16 / 75
  • 第三節 子音韻 17 / 79
  • 後編 日本詩歌韻律學理論 / 82
  • 第一節 韻律は旋律なり / 82
  • 第二節 「動律」中心の西歐詩學の誤と「韻律」中心の詩學 / 97
  • 第三節
  • (1) 言語の二重性と原理 / 99
  • (2) 日本詩歌韻律學の成立
  • (3) 詩歌と音樂との根本原理
  • 第四節 韻律表示二方法 / 102
  • 第五節
  • (1) 樂曲としての詩歌 / 108
  • (2) 俳句と短歌型式の新解釋
  • 第六節
  • (1) 詩歌の三重性 / 109
  • (2) 結論
  • 增補之部目次
  • 第一章 詩歌自身の音樂 / 118
  • 第二章 誤れる押韻法 / 132
  • 第三章 「脚韻」の發生 / 137
  • 第四章 西歐詩歌韻律の本態 / 140
  • 第五章 連句韻の結合型式と特性 / 164
  • 第六章 五七調より七五調への推移及び短歌型式の成立說明 / 172
  • 第七章 詩歌のリズム五種 / 179
  • 第八章 詩歌と散文との區別其の他 / 198

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本詩歌韻律学
著作者等 湯山 清
書名ヨミ ニホン シイカ インリツガク
出版元 不老閣書房
刊行年月 昭和10
ページ数 211p
大きさ 23cm
NCID BA36899349
BN05644334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想