日蓮聖人研究  第1巻

山川智応 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 日蓮聖人の學的硏究の各方面 / 3
  • 第一部 史的硏究
  • 總論 古來の日蓮聖人傳の史的價値に就いて / 16
  • 第一門 史的考證
  • 日蓮聖人の發心立願の時期を論ず(大正十四年「日蓮聖人遺文硏究」所載) / 39
  • 淸澄寺宗旨の變遷と其の寺格位地を考ふ(大正八年「本化聖典大辭林」略論、詳論新稿) / 82
  • 叡山における日蓮聖人の師友の硏究(明治四十二・三年「妙宗」第十二・三篇所載) / 106
  • 平左衞門尉賴綱の父祖と其の位地權力及び信仰(大正四年「法華」略論、詳論新稿) / 170
  • (聖人の法敵たりし政治界巨人の硏究其の一
  • 第二門 史的考察
  • 「親鸞日蓮兩上人の對照」の批判(大正六年一・二月「哲學雜誌」所載) / 206
  • (原名 村上專精氏の「親鸞日蓮兩上人の對照」を難ず)
  • 附 本篇を本「硏究」に揭載するに至りし動機に就いて / 256
  • 第二部 文獻的硏究
  • 總論 日蓮聖人眞蹟の償値を論じて遺文眞僞の判定に及ぶ / 296
  • 第一門 眞蹟硏究
  • 「日蓮聖人御眞蹟」と其の「對照錄(大正二年四月以下「國柱新聞」所載) / 317
  • 第二門 遺文硏究
  • 「三大祕法抄」の眞僞問題(大正十五年一月發行「眞宗敎と眞國家」所載) / 352
  • 第三部 宗敎的硏究
  • 第一門 宗敎學的考究
  • 比較宗敎の意圖より生ぜる宗敎學の分科と宗敎の五義(明治四十二年「天晴會講演集」略諭、詳論新稿) / 433
  • 第四部 人格的硏究
  • 第一門 肉體的觀察
  • 信憑するに足るべき日蓮聖人の畫像と木像(其の一) / 448
  • 第五部 思想的硏究
  • 第一門 批判的方面
  • 日蓮聖人の硏究態度としての三證具足 / 470
  • (其一 聖人の硏究出發點に旣に包含せる三證具足)
  • 附錄
  • 圓頓法印尊海--島智良師稿--(明治四十一年、「大崎學報」所載) / 482
  • 田邊善知君に與へて學者の責任を論ずる公開狀(大正十五年五・六月「中外日報及「天業民報」所載) / 506

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日蓮聖人研究
著作者等 山川 智応
書名ヨミ ニチレン ショウニン ケンキュウ
書名別名 Nichiren shonin kenkyu
巻冊次 第1巻
出版元 新潮社
刊行年月 昭和4-6
ページ数 2冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
47013227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想