小咄選集

宮川曼魚 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 牛と馬 俄道心 浪人 蓼 蕣 鶉 御髭 蜜柑 戀わづらひ 太鼓持 芳町 孟宗。(話稿鹿子餠) / 1p
  • 二 提灯 厄拂 叱の通 行燈 御卽位 鑷 梅もどき 惡い癖 凧 水うち 近眼 女の評判 比丘尼 律氣 落馬 大牛 物日 河伯 吝い奴 幽靈 薦かぶり 二度の駈 聲の藥 豆腐屋 かな物 曆 岡場所灸 藝者 貧家 うに 井戶替 金拾ひ 二度添 親分 据風呂。(聞上手) / 9p
  • 三 煙管 曲馬 禿 契約 七つ目鏡 牛王 目見得 水中の戀 化猫 嘘つき 手紙 儒者 首覽 ふみ 子の歳 掛硯 面屋 金銀の鍼 自鬢 謎 蕎麥振舞 いきすぎ 下手將棊 鐵砲 肴賣 饅頭 船 盜人 おろか 大食 轆轤首 身投 竹田 釣船 大文字 法印。(珍話樂牽頭) / 30p
  • 四 ふだん猫 火いぢり 新刀 土器喰 辻番菊 蛸の夢 雷 染之助 小皷 鳶先生 己惚 夜噺 無宿の帳 幽靈の切 世話好 瓦烟 噺 七ツめ 下駄組 代脈 炮碌 流行醫 黑人 亭主 大下戶 蛇と蛙。(聞上手後編) / 50p
  • 五 菊之丞 氣がかり 女湯 儒者 船饅頭 大小 きし本 年子 水茶屋。(出頰題) / 68p
  • 六 梟 吳服屋 唐の雀 仕合 獻立 橫の門 とのさん 革 牛 名大屋 湯。(今歲花時) / 73p
  • 七 佐理行成 元日 座頭 壼。(くち拍子) / 78p
  • 八 鶴 犬 夢 むきみ 雷。(仕形噺) / 80p
  • 九 達磨 白雨賣 俄分限 聲色 ビイドロ屋 頭巾 乳母 無間 子規朋友。(御伽草) / 83p
  • 十 黑づくし 朔日丸 意見 雷嫌ひ 的 甘酒 武士 舍利 助言。(富來話有智) / 88p
  • 十一 朝寐坊 御年玉 無筆 鏡磨 煎餠 くさめ 燈籠見物 いきすぎ。(噺稚獅子) / 93p
  • 十二 大味噌 釣鐘夫婦 間違 お仕着 朔日 江戶鑑 馬尾 御成 くやみ かけ硯 髮結床 折助 船宿 鼠 隱居 錢湯 いが栗 一生獨り者 猫。(新口花笑顏) / 98p
  • 十三 大名 合圖 庄屋いひ渡し 夜見世 伊勢物語。(夜明茶呑噺) / 108p
  • 十四 謠ちがひ 炬燵 ひらめ 硝子 賣卜 だいこく。(鳥の町) / 111p
  • 十五 ぬえ 烏男 年玉 見舞 かつを。(初笑福德噺) / 115p
  • 十六 鳶の者 湯番 講釋 鶴市 娘 墨ぬり 猿の飼よう 紅葉 狐 鳥 白壁 時鳥 俄 友世 中間。(くだ卷) / 118p
  • 十七 碁將棊 安煙草 けぬぎ 酢の物 引窓 堂建立 彼岸 鞠 風 浦嶋 孫の手 びいどろ 新宿。(春宵一刻) / 125p
  • 十八 黑燒 ほとゝぎす 富十郞 乞食 天狗。(福の神) / 132p
  • 十九 唐木 三十振袖 ざとう 樂 越後獅子 つぼ をり助 はつ音 熊の皮三味線 こじき 疊屋 碁。(鯛の味噌津) / 135p
  • 二十 米春 將棋の駒 墓參 辻番 使 飯櫃 頭巾。(珍話金財布) / 142p
  • 廿一 女中の代參 女郞の噺 役者の女房 奴の生醉 浪人者 道樂指南所 晦日 貧乏人口 かむぬ 馬子 賭爭 時花歌。(壽々葉羅井) / 146p
  • 廿二 馬ぎらひ 貧乏者 釜盜人 稽古 手前勝手 素人醫者 神木 羅漢 あんどう 狼 遠矢 火の見。(氣の藥) / 152p
  • 廿三 下戶の猩々 大黑頭巾嫌ひ 唐人の長唄 猫の子わたし 富士を知らぬ西行 紅毛の紅毛しらず 疊の上の船饅頭 高砂の松 猫の嫁人 舌切烏 赤幽靈 官女の飯ごしらへ 八丈嶋の疱瘡 竹に鳳凰 若衆の飛淸水 大黑の釣竿。(萬の寳) / 159p
  • 廿四 江戸見物 隱居 初會 木兎 細見 雪隱 宿なし。(笑長者) / 169p
  • 廿五 催促 狩人 蒲團 蟻 ねこ 小判 紋所。(大きにお世話) / 173p
  • 廿六 二十四孝 鍼醫 助言 藪醫 十德。(初登り) / 178p
  • 廿七 花見 野宿 夜鷹 さみせん たいこ持 養子 岡場所。(茶の子餠) / 182p
  • 廿八 急病 裸 鉢の木 芝居ずき 閉帳 丁稚。(梅屋しき) / 186p
  • 廿九 間ちがひ 鹿兎 女郞買。(梅の笑) / 189p
  • 三十 飛脚 獻だて 盡寐 好きゝらひ 御膳料 四萬六千日 下女 無精親仁。(菊壽盃) / 191p
  • 卅一 居酒 鮪 新宿 想ひつき 學者。(語滿在) / 195p
  • 卅二 いきすぎ かみなり 金貸 客 藝づくし 見得坊 かつぱ 四つ手駕籠酒 侍 初見世 びくに うぬ惚。(郭壽賀書) / 198p
  • 卅三 扇 ねずみ 輕業 大八車 見立 鉢木。(扇子賣) / 205p
  • 卅四 (柳巷訛言)二十九章 / 209p
  • 卅五 豆畠 木刀賣 枕うり 物しり 井戶掘 番太郞 たしなみ 虱 花火大通 言損ひ 惡名 お國衆 こたつ。(獨來新話) / 222p
  • 卅六 眞ツ裸 親指 御寵愛。(洗濯こうしや) / 231p
  • 卅七 胴わすれ 粂の仙人 盜人 八景 狸ねいり 腰元 たはら屋 女房 湯あがり 竹槍 杖 益庵老 山伏 鞍馬天狗 閑居。(鶯笛) / 233p
  • 卅八 儉約 蜜夫 七寳 寳船 茄子 丁子頭 子待 月見 出世鯉。(駿河茄子) / 241p
  • 卅九 鶴 願人 好物 繡の下帶 珊瑚珠 齒形。(通の一聲) / 248p
  • 四十 鼠 理窟 舍弟 長命自慢。(輕口噺) / 252p
  • 四十一 葡萄棚 くはせ者 戌の年 饅頭 髮結。(十千萬兩) / 255p
  • 四十二 どら息子 香の物。(言葉の花) / 259p
  • 四十三 嶋臺 吉原米搗 葬禮 物忌 無心。(噺的中) / 261p
  • 四十四 四瓜賣 百物語。(無鹽諸美味) / 264p
  • 四十五 床花 流行詞 柳 きつね 禁酒 不孝 鰒汁 醫師 吝蟲 井戶丁稚 助太刀。(落話太郞花) / 266p
  • 四十六 生醉 不二山 古道具屋 かむろ。(ふくら雀) / 272p
  • 四十七 飯蛸 慾ばり 酒。(笑の種蒔) / 275p
  • 四十八 京鹿子 下帶 商賣 幽れい 駈落 七夕 長唄。(山笑顏) / 277p
  • 四十九 長尻 河原崎 大黑 野干。(笑府衿建米) / 281p
  • 五十 扇子 病人 ゆき。(戱話華醫) / 284p
  • 五十一 通り者 人魚。(噺の親玉) / 286p
  • 五十二 三段目 五段目 九段目。(咄手本忠臣藏) / 288p
  • 五十三 菖滿革 火の見 梅に鶯 銀八 好物。(春の駒) / 290p
  • 五十四 福鼠 下女 竹光。(無事志有意) / 293p
  • 五十五 章魚 脇差 年號 芝居 稚心 番人 店越し。(はなし飼) / 296p
  • 五十六 元日 忘れ草 講釋 百足小判 通辭 化物 眼病 初松魚。(笑嘉登) / 300p
  • 五十七 息子 甘酒 吝い客。(一口饅頭) / 306p
  • 五十八 開帳 國の咄 煙草屋 摘み菜 虎。(咄の開帳) / 309p
  • 五十九 老子經曰 左傳曰 後漢書曰。 論語曰。(珍學問) / 312p
  • 六十 太郞樣 七福神(口豆飯) / 317p
  • 六十一 琉球人 通人來朝 遠眼鏡 蒲燒 爺婆。(振鷺亭噺日記) / 319p
  • 六十二 遠めがね 印籠 神木 反魂香 羽織 鴨 狼 砂糖 桂曆 代筆 駈ける名人 ゆび 無駄 おほかみ 常念佛。(咄の安賣) / 323p
  • 六十三 貞男 頬ずり 能書 げん伯 義眼。(江戸前噺鰻) / 330p
  • 六十四 拾ひ物 新無間 淺草 觀音詣 やつこ 豆腐。(みになる金) / 333p
  • 六十五 うぬぼれ 大箪笥 富の札 身うけ 初鰹。(百成瓢) / 337p
  • 六十六 年ごもり (彌次郞口) / 341p
  • 六十七 將棊 座頭 帶。(落噺笑竹) / 342p
  • 六十八 鳥盡しの駕籠屋 當世人。(江戶自慢) / 345p
  • 六十九 角大師 鷄 角力 會合 口上 野がけ 息子 思案。(お伽ばなし) / 351p
  • 七十 福茶番。(笑富林) / 357p
  • 七十一 大力 怪談。(延命養談數) / 359p
  • 七十二 山出し。(春興福神咄) / 362p
  • 七十三 兎と狐 野鴨と鳩 馬と犬 四文錢と南鐐 豆腐とうなぎ。(落咄熱志柿) / 364p
  • 七十四 夜鷹 節分 錦木。(天保版外題不明) / 367p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小咄選集
著作者等 宮川 曼魚
書名ヨミ コバナシ センシュウ
出版元 春陽堂
刊行年月 昭和3
ページ数 369, 18p
大きさ 18cm
NCID BA34752769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46089219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想