修養太閤記

矢田插雲 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 ひがみ / 1
  • 二 憎み合ひ / 7
  • 三 光明寺の小僧 / 13
  • 四 新發智將軍 / 17
  • 五 渡り奉公 / 23
  • 六 亡父のかたみ / 29
  • 七 野武士の群 / 34
  • 八 橋上の奇童 / 39
  • 九 目見得奉公 / 44
  • 一〇 出る杭 / 53
  • 一一 猫ばゞの汚名 / 60
  • 一二 下男ぶり / 67
  • 一三 お八重の緣談 / 73
  • 一四 小猿と犬千代 / 80
  • 一五 鐵砲の稽古 / 87
  • 一六 自から推擧 / 93
  • 一七 簀の子祝言 / 100
  • 一八 まはり氣 / 106
  • 一九 馬が御主人 / 113
  • 二〇 刀を飼葉に / 118
  • 二一 お草履番 / 123
  • 二二 蜜柑色の肩衣 / 129
  • 二三 竹の屑から軍馬 / 135
  • 二四 火繩奉行 / 140
  • 二五 三千貫の主 / 144
  • 二六 美濃征伐 / 150
  • 二七 竹中半兵衛 / 155
  • 二八 民政小手調べ / 160
  • 二九 栗原山の山莊 / 165
  • 三〇 半兵衛くどき / 171
  • 三一 信長の月旦 / 177
  • 三二 軍の性格 / 184
  • 三三 半兵衛ぬすみ / 190
  • 三四 親孝行 / 197
  • 三五 小一郞の初陣 / 205
  • 三六 稻葉山城陷落 / 212
  • 三七 岐阜城成る / 219
  • 三八 うはなりさがし / 225
  • 三九 彈正くどき / 237
  • 四〇 北伊勢と和睦 / 243
  • 四一 お市の方輿入れ / 253
  • 四二 菩提院の危急 / 261
  • 四三 後顧の憂 / 269
  • 四四 和田山城落つ / 277
  • 四五 藤吉郞の切諫 / 284
  • 四六 森山城陷落 / 291
  • 四七 怒り上戶 / 297
  • 四八 三日間に十八城 / 303
  • 四九 京都守護職 / 314
  • 五〇 三好勢退散 / 321
  • 五一 秀吉負傷す / 328
  • 五二 綺麗な俘囚 / 334
  • 五三 北畠と緣組 / 339

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 修養太閤記
著作者等 矢田 插雲
書名ヨミ シュウヨウ タイコウキ
出版元 千倉書房
刊行年月 昭和10
ページ数 348p
大きさ 20cm
NCID BA83972218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46091092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想