商学全集  第41巻

高島佐一郎著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 金融調節と金融統制 / 1-11
  • 第一節 調節と統制との意義 / 1
  • 第二節 金融資本的統制と金融それ自體の統制 / 5
  • 第二章 金融統制の五重要目的 / 12-65
  • 第一節 貨幣價値の比較的安定への統制 / 12
  • 第二節 狹義の通貨統制 / 22
  • 第三節 銀行信用の統制 / 27
  • 第四節 長期信用の統制 / 33
  • 第五節 預金支拂準備の統制 / 47
  • (銀行集中への展望と日本、ドイツの金融恐慌)
  • 第三章 金融統制と金融市場 / 66-92
  • 第一節 統制さるべき金融力の形態と構成 / 66
  • 第二節 統制さるべき金融市場の性質 / 77
  • 第三節 金融市場の構成とその發展方向 / 84
  • 第四章 金融統制の組織と組織力 / 93-131
  • 第一節 諸大銀行による金融市場の制覇と新現象 / 93
  • 第二節 金融市場一般への統制的組織力 / 109
  • 第三節 國内諸銀行の社會化・統制化への展望 / 116
  • 第四節 國際的金融統制への展望 / 128
  • 第五章 通貨・銀行信用の統制的運用 / 132-177
  • 第一節 金融統制における三基本的原理 / 132
  • 第二節 金融統制の最基本原理-安定とその限界 / 144
  • 第三節 流通通貨の體系と通貨種類間の比率的關係 / 162
  • 第六章 統制手段としての支拂準備政策 / 178-222
  • 第一節 金融統制の四段階と國内的統制の主要手段 / 178
  • 第二節 預金支拂準備の比率とその集中との法定化 / 190
  • 第三節 準備比率變更による金融統制 / 211
  • 第七章 統制手段としての發劵政策 / 223-251
  • 第一節 發劵制の三類型と金融統制からの批判 / 223
  • 第二節 屈伸的保證發劵制の體用と比例準備制の精神 / 239
  • 第八章 統制手段としての銀行利率政策と公開市場政策 / 252-265
  • 第一節 兩政策のもつ金融統制上の比較的重要性 / 252
  • 第二節 兩政策のもつ性質上の相異と相互的協調 / 258
  • 第九章 英米佛の國際金融爭覇戰上の一局面 / 266-278
  • -金本位運用における一段の國際的統制を念ふ-
  • 第一節 アインチツヒ新著への人氣の由來 / 266
  • 第二節 アインチツヒ他著作及びケインズ新著に較べての其の梗槪 / 267
  • 第三節 「グラムモア」案の意圖した金融的制覇と世界の三大ブロツク化 / 271
  • 第四節 その夢やぶれたる後フランスの營める金本位上の統制無視 / 274
  • 第五節 ユウトピア凡そ美はしくして此の夢ひとり醜惡なる所以 / 276
  • 第十章 戰債・賠償支拂猶豫案の影響=債權統制化への一里標 / 279-295
  • 第一節 結局の債權者・債務者が共に履行し得ぬ國際的協定 / 279
  • 第二節 戰債・賠償の形式の整備とその實質の破綻 / 290
  • 第三節 直接影響は各國歲計上の操作-間接には國際的債權の統制化への拍車 / 290
  • 第十一章 世界的景氣變動とその金融統制的見透し / 296-333
  • 第一節 在來の景氣變動と近時のそれとの本質的相異 / 296
  • 第二節 最近の景氣變動の三主要原因とその樣相一斑 / 304
  • 第三節 考察上、斯く貨幣側・世界側を重視せんとする譯 / 309
  • 第四節 物價安定主義の破綻と之れが景氣安定に對して有する意義 / 313
  • 第五節 不況原因としての金偏在とその矯正策 / 316
  • 第六節 不況原因としての戰債・賠償難とその矯正策 / 321
  • 第七節 不況原因としての新金本位の破綻とその矯正策-結び / 327

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 商学全集
著作者等 高島 佐一郎
書名ヨミ ショウガク ゼンシュウ
書名別名 金融統制論

Shogaku zenshu
巻冊次 第41巻
出版元 千倉書房
刊行年月 昭6
ページ数 333p
大きさ 23cm
NCID BA62717085
BN05875097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
金融統制論 高島 佐一郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想