塩と人生

平林敏滋 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 食鹽の沿革 / 1
  • 食鹽と人生 / 1
  • 火食と木食の利害 / 5
  • 製鹽法の起原 / 6
  • 食鹽の科學 / 8
  • 岩鹽 / 8
  • 海水 / 9
  • 海水は何故鹽を含むか / 10
  • 湖鹽 / 11
  • 非鹽 / 11
  • 鹽の成分 / 12
  • 鹽の良否 / 13
  • 鹽素 / 14
  • 曹達 / 15
  • 鹽化加里、硫酸加里 / 17
  • 鹽化苦土、硫酸苦土 / 18
  • 鹽化石灰、硫酸石灰 / 18
  • 世界各國の製塩法 / 20
  • 岩鹽加工製鹽法 / 20
  • 天日製鹽法 / 20
  • 煎熬製鹽法 / 21
  • 古來我國製鹽法の槪觀 / 24
  • 製鹽法の種々相 / 24
  • 赤穗の燒鹽 / 25
  • 燒鹽は何故よいか / 25
  • 昔と今日の食鹽の優劣 / 26
  • 鹽業家の嘆聲 / 30
  • 家庭で良鹽を造る法 / 32
  • 製鹽法と火熱の問題 / 33
  • 活鹽の發明 / 34
  • 化學的鹽製品 / 40
  • 化學工業用鹽 / 40
  • 電解曹達工業の方法 / 42
  • 鹽水電解の原理 / 43
  • 苛性曹達の用途 / 44
  • 鹽素の用途と毒瓦斯の成分 / 45
  • 水素の利用 / 45
  • 家畜用鹽 / 46
  • 農作物と鹽 / 47
  • 家庭と食鹽 / 49
  • 調理用としての鹽 / 49
  • 醤油の起原 / 50
  • 醤油の製法 / 51
  • 醤油の良否と其の正體 / 53
  • 味噌の起原 / 55
  • 味噌の利害と其の正體 / 56
  • 鹽漬法の起原と其の原理 / 58
  • 漬物の効 / 59
  • 澤庵の起原及製法 / 60
  • 素晴らしい澤庵の眞價と其の化學的基礎 / 62
  • 梅干の効と其原理 / 63
  • 澤庵と梅干は日本人の理想的食品 / 65
  • 胡麻鹽と油 / 65
  • 新鮮な刺身は榮養食の王 / 67
  • 天然鹽素と强精法 / 68
  • 食鹽療法 / 70
  • 食鹽の解毒作用 / 70
  • 鹽の藥効 / 72
  • 鹽の下劑作用の原理及び其の用ひ方 / 73
  • 食鹽の吐劑作用 / 76
  • 鹽の血液及消化液に及ぼす生理的作用 / 76
  • 鹽と消化 / 78
  • 鹽の種々の藥効 / 79
  • 泉浴と海水浴 / 80
  • 鑛泉療法の沿革 / 80
  • 鑛泉の分類 / 81
  • 食鹽泉の醫治効用 / 83
  • 海水浴及び海氣療法の沿革 / 85
  • 海氣の生理的作用 / 87
  • 海水浴の効能 / 88
  • 食鹽の害 / 92
  • 鹽は一面何故有害か / 92
  • 鹽の刺戟と神經衰弱 / 93
  • 老衰及び若返へり法と鹽 / 93
  • 無食鹽療法 / 94
  • 活鹽の機能効用及其の原理 / 97
  • 鹽と水の關係 / 97
  • 浸透力 / 100
  • 殺菌力防腐力の强いこと / 103
  • 膨脹軟化作用と老衰病 / 105
  • 消化吸收の速かなこと / 106
  • 味と榮養 / 106
  • 自然の色と美容 / 108
  • 淨血作用 / 109
  • 食鹽の象徵的性質 / 112
  • 鹽と迷信 / 112
  • 鹽と情慾 / 113
  • 鹽と精神 / 114
  • 鹽の相反する性質と其の解決 / 115

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 塩と人生
著作者等 平林 敏滋
書名ヨミ シオ ト ジンセイ
書名別名 Shio to jinsei
出版元 三光書院
刊行年月 昭和5
ページ数 117p
大きさ 19cm
NCID BA30114920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想