商学全集  第18巻

田中金司, 新庄博共著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 緖論 / 1
  • 第一章 現代に於ける信用取引 / 3
  • 第一節 信用取引の意義 / 3
  • 第二節 長期信用と短期信用 / 8
  • 第二章 銀行の槪念 / 13
  • 第一節 銀行職能の發展 / 13
  • 第二節 銀行の定義 / 17
  • 第三章 銀行の種類 / 31
  • 第二篇 銀行資金の構成 / 43
  • 第一章 自己資本と外來資本 / 45
  • 第一節 自己資本・外來資本の性質並びに内容 / 45
  • 第二節 自己資本・外來資本の比率 / 50
  • 第二章 資本金及び積立金 / 57
  • 第一節 銀行資本金 / 57
  • 第二節 積立金 / 65
  • 第三章 預金 / 73
  • 第一節 出納預金と貯蓄預金 / 73
  • 第二節 第一次預金と派生預金 / 83
  • 第三節 預金の流通速度 / 94
  • 第四節 預金の利子並びに手數料 / 101
  • 第五節 預金保證制度 / 112
  • 第四章 預金以外の外來資本 / 121
  • 第三篇 銀行資金の運用 / 125
  • 第一章 支拂準備金 / 127
  • 第一節 支拂準備金の意義・内容・對象 / 127
  • 第二節 支拂準備率の量定 / 133
  • 第二章 コール・ローン / 143
  • 第三章 割引手形 / 149
  • 第一節 商業手形の割引 / 150
  • 第二節 割引手形の種類 / 157
  • 第三節 割引手形の減少傾向 / 165
  • 第四章 諸貸付 / 175
  • 第一節 商業銀行に於ける貸付の性質及び型式 / 175
  • 第二節 貸付の保全 / 186
  • 第五章 證劵の保有 / 203
  • 第一節 銀行の證劵投資 / 203
  • 第二節 證劵投資の妥當性 / 213
  • 第六章 證劵の引受及び發行 / 225
  • 第一節 商業銀行の證劵業務 / 225
  • 第二節 證劵引受並びに發行の方法 / 236
  • 第七章 手形引受 / 255
  • 第四篇 支拂媒介業務 / 267
  • 第一章 銀行の支拂媒介機能 / 269
  • 第二章 手形交換 / 273
  • 第三章 内國爲替 / 287
  • 第一節 送金爲替 / 289
  • 第二節 取立手形 / 293
  • 第三節 爲替尻決濟 / 297
  • 第四章 外國爲替 / 305
  • 第一節 爲替相場 / 305
  • 第二節 信用狀 / 313
  • 第三節 輸出爲替・輪入爲替 / 326

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 商学全集
著作者等 新庄 博
田中 金司
書名ヨミ ショウガク ゼンシュウ
書名別名 銀行経営論

Shogaku zenshu
巻冊次 第18巻
出版元 千倉書房
刊行年月 昭10
版表示 新訂増補
ページ数 335p
大きさ 23cm
NCID BA32043448
BN08417441
BN08417485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
銀行経営論 新庄 博, 田中 金司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想