都市計画の理論と法制

飯沼一省 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 都市計畫理論 / 1
  • 第一章 總說 / 1
  • 第二章 田園都市論 / 6
  • 第一節 總論 / 6
  • 第二節 能率的工業と衞生的生活 / 28
  • 第三節 小都市論 / 45
  • 第四節 都市と農業 / 69
  • 第五節 都市と土地問題 / 82
  • 第三章 地方計畫論 / 93
  • 第一節 序論 / 93
  • 第二節 都市の大さ / 96
  • 第三節 過大都市の弊害 / 104
  • 第四節 地方計畫の理論 / 129
  • 第五節 地方計畫の實際 / 150
  • 第二編 都市計畫法制 / 167
  • 第一章 都市計畫法規 / 167
  • 第二章 都市計畫法適用都市 / 171
  • 第一節 首都若は過大都市を對象とする都市計畫法 / 171
  • 第二節 制限主義と無制限主義 / 173
  • 第三節 强制主義と任意主義 / 180
  • 第三章 市域外統制制度 / 184
  • 第一節 歐米に於ける市域外統制制度 / 184
  • 第二節 我國に於ける市域外統制制度 / 194
  • 第四章 都市計畫區域論 / 197
  • 第一節 分區的都市計畫區域と包容的都市計畫區域 / 197
  • 第二節 都市計畫區域の意義 / 201
  • 第三節 法定主義と特定主義 / 208
  • 第四節 都市計畫區域の效果 / 211
  • 第五章 都市計畫の内容 / 214
  • 第一節 科學的に觀たる都市計畫の内容 / 214
  • 第二節 法制上より觀たる都市計畫の内容 / 218
  • 第三節 法令中に明示せられざる事項 / 225
  • 第四節 綜合制と非綜合制 / 227
  • 第六章 都市計畫と都市構築 / 229
  • 第一節 都市計畫の制度と都市構築の制度 / 229
  • 第二節 都市計畫法に所謂都市計畫と都市計畫事業 / 234
  • 第三節 都市計畫及都市計畫事業の決定 / 238
  • 第七章 都市計畫制限 / 241
  • 第一節 都市計畫制限の種類 / 241
  • 第二節 地域制度 / 244
  • 第三節 建築線 / 265
  • 第四節 都市計畫事業境域内の工作物制限 / 273
  • 第五節 風致地區及風紀地區 / 280
  • 第八章 都市構築と公用徵收 / 285
  • 第一節 都市計畫法に於ける收用制度 / 285
  • 第二節 收用手續の簡易化 / 287
  • 第三節 殘地收用 / 293
  • 第四節 超過收用 / 298
  • 第五節 超過收用の財政的效果 / 308
  • 第六節 地帶收用 / 314
  • 第七節 工作物收用 / 317
  • 第九章 都市計畫事業執行者 / 321
  • 第十章 都市計畫事業の費用 / 326
  • 第一節 都市計畫事業執行費用負擔者 / 326
  • 第二節 都市計畫事業費の財源 / 328
  • 第十一章 受益者負擔論 / 334
  • 第一節 我國に於ける受益者負擔制度 / 334
  • 第二節 米國に於ける受益者負擔制度 / 368
  • 第三節 獨逸に於ける道路分擔金制度 / 388
  • 第十二章 土地區劃整理論 / 406
  • 第一節 土地區劃整理の意義 / 406
  • 第二節 土地區劃整理の種類 / 409
  • 第三節 土地區劃整理の原則 / 416
  • 第四節 土地區劃整理の特徵 / 427
  • 第十三章 都市計畫委員會制度 / 431
  • 第一節 佛國に於ける都市計畫委員會 / 431
  • 第二節 米國に於ける都市計畫委員會 / 434
  • 第三節 我國に於ける都市計畫委員會 / 437
  • 附錄 條文索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 都市計画の理論と法制
著作者等 飯沼 一省
書名ヨミ トシ ケイカク ノ リロン ト ホウセイ
書名別名 Toshi keikaku no riron to hosei
出版元 良書普及会
刊行年月 昭和2
版表示 3版
ページ数 448, 6p
大きさ 22cm
NCID BN0928813X
BN1010097X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47012116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想