珍本物語

河原万吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 好色本の最高峰「日本三大奇書」の内澤田名埀の「阿奈遠加之」 / 1
  • 日本三大奇書の一、本居宣長の高弟黑澤翁滿の戲作藐姑肘祕言の話 / 15
  • 日本三大奇書の一、山岡俊明の戱著「逸著聞集」の話 / 31
  • 洒落本の珍品、漢文體で書かれた「百花評林」の話 / 37
  • 見立物珍種「八百八後家」の話 / 43
  • 書家渡邊華山の戯作「傾城買息子傅授」の話 / 49
  • 道學的作者として知られる曲亭馬琴の著した淫本・準淫本の話 / 62
  • 小噺の濫觴、エロテイシズム橫溢の逸品「昨日波今日能物語」の話 / 72
  • 色道敎科書の稀本「たきつけ」と「もえくゐ」と「けしずみ」の話 / 78
  • 隱れ簑、笠物の珍種「好色四季ばなし」の話 / 83
  • 八文字屋の逸品「傾城色三味線」の話 / 95
  • 末期洒落本の典型「取組手鑑」の話 / 103
  • 遊里硏究書の大金字塔「色道大鏡」の話 / 111
  • 俳人寳井其角の戯著「吉原源氏五十四君」の話 / 128
  • 一代の奇人、鳩溪平賀源内の戯文、胸中の欝屈を洩した「放屁論」の話 / 134
  • 鴻儒貝原益軒の性慾小論としての「養生訓」の話 / 152
  • 衆道歌集、俳人北村季吟の偏「岩つつじ」の話 / 160
  • 肥前平戶の藩主にして、幕末無双の劍客であつた、松浦靜山の著「甲子夜話」の話 / 170
  • 狂歌を以て吉原の一日をあらはした「吉原十二時」の話 / 185
  • あつめ物の珍種「大寄噺の尻馬」の話 / 198
  • 往來物の珍種「倡賣往來」の話 / 210
  • 男色物の金字塔「男色大鑑」の話 / 216
  • 技巧圓熟の放屁物語「放屁上人繪卷」の話 / 242
  • 漢文の艶本「大東閨語」の話 / 247
  • 考證的隨筆の珍品、柳亭種彥手記の「好色本目錄」の話 / 253

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 珍本物語
著作者等 河原 万吉
書名ヨミ チンポン モノガタリ
書名別名 Chinpon monogatari
出版元 汎人社
刊行年月 昭和6
ページ数 269p
大きさ 19cm
NCID BA35088511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47009276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想