仙道田村荘史

青山正 著 ; 青山操 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 田村庄司
  • 第一章 田村莊に關する考證に就て / 1
  • 第二章 田村庄司 / 9
  • 第三章 南北朝以前に於ける田村莊 / 13
  • 第四章 田村三河司式評定衆となる / 17
  • 第五章 北條の殘黨田村の四圍に嘯集す / 22
  • 第六章 田村庄司、國司に從て上洛し殊勳を奏す / 26
  • 第七章 五百川の戰 / 31
  • 第八章 田村宗季直裁を以て庄司となる / 36
  • 第九章 田村庄司宗季直奏により權守に任せらる / 39
  • 第十章 北畠親房田村の兵を以て海道を開かんとす / 50
  • 第十一章 將軍北畠顯信田村左司宇津峰を經て奧方に下向す / 54
  • 第十二章 田村庄宇津峰 / 58
  • 第十三章 田村庄司北奧の官軍に合して斯波岩手兩郡を攻む / 61
  • 第十四章 常陸官軍の窮迫と田村庄司の忠節 / 69
  • 第十五章 田村庄司等沒落に瀕せる常陸の官軍に軍資を送る / 72
  • 第十六章 石塔義元、宇津峰、靈山等を攻む / 83
  • 第十七章 畠山、吉良の亂に乘して宇津峰宮府中を陷る 付結城親朝の投降 / 90
  • 第十八章 宇津峰宮と北畠顯信卿 / 101
  • 第十九章 府中の官軍沒落と宇津峰籠城 / 111
  • 第二十章 宇津峰落城 / 118
  • 第二十一章 宇津峰落城後の仙道の形勢と小澤伊賀守 / 127
  • 第二十二章 南朝復辟の顛末 / 132
  • 第二十二章 田村庄司則義及同淸包 / 136
  • 第二十四章 田村庄司遠末 / 145
  • 第二編 後三春田村氏
  • 第一章 後田村氏の出自 / 155
  • 第二章 田村直顯 / 171
  • 第三章 田村盛顯 / 177
  • 第四章 田村義顯 / 182
  • 第五章 田村隆顯 / 188
  • 第一節 序說 / 188
  • 第二節 隆顯の第一次仙道經略 / 189
  • 第一款 隆顯白河領に進出 / 189
  • 第二款 隆顯、岩瀨、安積に進出 / 191
  • 第三節 田村隆顯の第二次仙道經略 / 195
  • 第一款 序說 / 195
  • 第二款 伊達植宗父子の軋轢 / 196
  • 第三款 蒲倉相模守の叛 / 200
  • 第四款 植宗黨の諸將積達の諸城を攻陷す / 203
  • 第五款 磐城重顯の田村牽制策と領内叛者の頻出 / 207
  • 第六款 植宗父子の和睦 / 210
  • 第四節 佐竹氏の勢力仙道に進展す / 219
  • 五五節 田村芦名の聯盟 / 227
  • 第六節 伊達の非運と大内定綱の田村歸屬 / 230
  • 第七節 南鄕鬪爭の一 / 234
  • 第八節 南鄕鬪爭の二 / 239
  • 第九節 南鄕鬪爭の三 / 244
  • 第十節 田村芦名聯盟の崩壞と田村隆顯の卒去 / 249
  • 第六章 田村淸顯 / 260
  • 第一節 序說 / 260
  • 第二節 淸顯仙道に於ける武略と仙道總一和 / 262
  • 第三節 淺川戰と田村芦名の再亂 / 268
  • 付淸顯の女伊達政宗に嫁す
  • 第四節 佐竹芦名の聯盟と御代田落城 / 274
  • 第五節 大内定綱の叛 / 282
  • 第六節 伊達政宗の第一次仙道出馬と奧郡の總一和 / 288
  • 第一款 伊達相馬の和議成就 / 288
  • 第二款 伊達政宗淸顯の乞に應して鹽松を討つ / 290
  • 第三款 二本松籠城と本宮觀音堂合戰 / 292
  • 第四款 平和の曙光と二本松開城 / 293
  • 第七節 田村淸顯卒去 / 309
  • 第七章 淸顯卒去後の田村の形勢 / 317
  • 第一節 田村に於ける伊達黨相馬黨の對方 / 317
  • 第一款 月齋と梅雪齋 / 317
  • 第二款 伊達黨の由來 / 320
  • 第三款 相馬黨の出現 / 321
  • 第二節 大内定綱伊達へ降る / 324
  • 第三節 伊達政宗第二次仙道出馬と奧郡總一和 / 329
  • 第一款 相馬黨の桃戰と伊達政宗の出陣 / 329
  • 第二款 伊達政宗佐竹會津勢と郡山に戰ふ / 338
  • 第四節 政宗の田村に於ける仕置と田村番代、浪人拂の事 / 343
  • 第五節 田村に於ける磐城氏の擡頭と伊達政宗の第三次仙道出馬 / 348
  • 第一款 磐城氏勢力と伊達政宗の對策 / 348
  • 第二款 磐城常隆小野へ出馬す / 352
  • 第三款 大越顯光伊達へ降らんとす / 355
  • 第四款 伊達政宗高玉阿子島を陷る / 356
  • 第五款 相馬、磐城二氏の田村侵入と伊達政宗宇多郡を電擊す / 358
  • 第六款 佐竹、會津の仙道出馬と摺上原合戰 / 362
  • 第七款 佐竹、磐城の兩軍田村庄、大平、門澤を陷る / 364
  • 第八款 賀須川落城と政宗の仙道一統の成就 / 366
  • 第六節 宗顯田村家の再興を企てて成らす / 370

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仙道田村荘史
著作者等 青山 操
青山 正
書名ヨミ センドウ タムラノショウ シ
出版元 青山やそ
刊行年月 昭和5
ページ数 376p 肖像
大きさ 22cm
全国書誌番号
47006240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想