跡見花蹊女史伝

高橋勝介 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 跡見花蹊女史
  • 一 女史の少女時代 / 1
  • 二 家名を擧げよと訓戒 / 6
  • 三 苦學時代の女史 / 8
  • 四 大阪の私塾時代 / 12
  • 五 京都の私塾時代 / 14
  • 六 東京の私塾時代 / 16
  • 七 跡見女學校の開校 / 17
  • 八 學校經營の苦心 / 20
  • 九 お塾時代の團欒 / 22
  • 一〇 女史の敎育方針 / 25
  • 一一 生徒一同晴れの舞臺 / 28
  • 一二 校舍の小石川移轉 / 30
  • 一三 最初の卒業式と告辭 / 33
  • 一四 女王殿下の御入學 / 36
  • 一五 功績遂に聖聞に達す / 37
  • 一六 樹てし勳の花かつら / 40
  • 一七 君が勳はいと高し / 42
  • 一八 光圓寺墓前の追懷 / 44
  • 一九 女史の性質と生活振り / 46
  • 二〇 紫袴に稚兒髮姿 / 49
  • 二一 獨身生活の模範 / 51
  • 二二 畵家としての女史 / 53
  • 二三 澤庵の空樽を擔ぐ / 57
  • 二四 花見の朝飯代を心配 / 59
  • 二五 婦人に内職を勸む / 61
  • 二六 固有の婦德を穢すな / 63
  • 二七 結婚に對する戒め / 66
  • 二八 母たる人に望む / 69
  • 二九 人の妻たる心掛け / 71
  • 三〇 女の惡い癖を戒しむ / 74
  • 三一 言葉は人格の反映なり / 78
  • 三二 婦人は其態度に注意せよ / 82
  • 三三 卒業生より觀たる女 / 85
  • 三四 名士より觀たる女史 / 98
  • 三五 世界に誇る可き美風 / 110
  • 三六 向上と進步は讀書にあり / 116
  • 三七 交際は簡便に禮儀を盡せ / 119
  • 三八 花蹊女史の趣味の生活 / 123
  • 三九 神佛禮拜と女史の銷夏法 / 125
  • 四〇 照憲皇太后の御坤德 / 127
  • 四一 跡見花蹊女史の面影 / 131
  • 四二 花蹊先生の童心と尊き心 / 144
  • 四三 花蹊先生の思出いろ[イロ] / 150
  • 四四 慈母のやうな御親切な先生 / 155
  • 四五 父兄より觀たる李子女史 / 157
  • 明治天皇の御製百首 / 159
  • 花蹊女史の遺稿 / 173
  • 第二編 跡見女學校
  • 一 高等女學校に準據す / 225
  • 二 小石川移轉當時の敎員 / 228
  • 三 財團法人組織に改む / 229
  • 四 名物呼吸體操 / 231
  • 五 校友會は學校の誇り / 232
  • 六 恩賜金拜受と文部省の表彰 / 234
  • 七 現校長跡見李子女史 / 236
  • 八 校長李子女史の海外視察 / 238
  • 九 校舍新築大發展の計畫 / 241
  • 一〇 學校現在のいろ[イロ] / 242

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 跡見花蹊女史伝
著作者等 高橋 勝介
書名ヨミ アトミ カケイ ジョシ デン
書名別名 Atomi kakei joshi den
出版元 東京出版社
刊行年月 昭和7
ページ数 244p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46076478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想