人生の意義と道徳の淵源

遠山椿吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 各種の人生觀 / 1
  • 第一節 享樂主義 / 2
  • 第二節 未來樂主義 / 3
  • 第三節 理想主義 / 4
  • 第四節 生殖主義 / 6
  • 第二章 人生觀の批判 / 8
  • 第一節 人生の硏究法 / 8
  • 第二節 各種人生觀の批判 / 9
  • 第三節 生物は生きんが爲に生きる / 18
  • 第三章 宇宙の嚮動 / 22
  • 第四章 地球の嚮動と物質の複雜化 / 26
  • 第一節 無機物質より細胞まで / 27
  • 第二節 個體死 部分死 / 33
  • 第三節 嚮動と進化 / 36
  • 第五章 生物の起原 / 38
  • 生物創造の二學派 / 42
  • 第六章 生物死物の無差別 / 45
  • 第一節 生物人造に特殊力を要せず / 48
  • 第二節 特殊生活力の抹殺 / 52
  • 第三節 機序の整備 / 55
  • 第七章 生活の維持と充實 / 62
  • 愛生能力より生活慾まで / 62
  • 第八章 愛生能力の起原 / 69
  • 第一節 愛生能力 生活慾 / 69
  • 第二節 全體生活慾 部分生活慾 慾感 / 72
  • 第九章 人類界の嚮動 / 76
  • 第一節 自己保存 種族保存 / 78
  • 第二節 異性愛 後裔愛 / 80
  • 第三節 生の充實 生の延長 / 82
  • 第四節 種族保存 博愛 共存性 / 87
  • 第五節 生活慾の肉體的延長 精神的延長 / 90
  • 第十章 心身不滅の實在 / 97
  • 第一節 生者は必滅に非ず / 100
  • (1) 下級生物に永久態がある / 101
  • (2) 單細胞生物に屍體がない / 102
  • (3) 高等生物體の一半は無期限不死である / 104
  • (4) 部分的生物は永く貯藏せらる / 108
  • 第二節 個體生命 部分生命 / 110
  • 第三節 靈魂の意義 / 111
  • 第四節 物質「エネルギー一元論」 / 117
  • 第五節 肉靈不分解論 / 119
  • 第十一章 自然の無限と人智の制限 / 121
  • 第十二章 人類の未來 / 129
  • 第一節 人類の滅亡 / 130
  • (1) 食糧不足說 / 130
  • (2) 酸素減乏說 / 133
  • (3) 身神廢頽說 / 134
  • (4) 太陽暗化說 / 136
  • 第二節 刹那樂天 / 140
  • 第十三章 宇宙の嚮動性と造化の神 / 143
  • 第一節 嚮動性の本體 / 143
  • 第二節 大自我 小自我 / 146
  • 第三節 造化の神 / 147
  • 第四節 造化の神と嚮動性の一致點・不一致點 / 149
  • 第十四章 宿命と因果 / 151
  • 第一節 因果必然 因果律 / 151
  • 第二節 宇宙因果 人界因果 / 153
  • 第三節 人界の因果 / 156
  • 第四節 大小因果の關係 / 160
  • 第五節 天災 天幸 / 168
  • 第六節 道德の範圍 / 172
  • 第十五章 道を自然に求む / 174
  • 第一節 科學の二作用 / 178
  • 第二節 科學を介して大自然の理則の求む / 180
  • 第三節 先哲の求道法 / 183
  • 第四節 科學 哲學 宗敎 / 193
  • 第十六章 道德の淵源 / 200
  • 第一節 善惡の槪念 / 202
  • 第二節 道德の根本義 / 207
  • 第三節 道德の三大系 / 208
  • 第四節 向上道德の科學的淵源 / 210
  • 第五節 慈愛道德の科學的淵源 / 216
  • 忠孝の淵源 / 219
  • 一、 親族愛 / 220
  • 二、 相交愛 / 220
  • 三、 景慕愛 / 221
  • 四、 信賴 報謝 / 223
  • 五、 奉仕 犧牲 / 224
  • 第六節 犧牲道德の科學的淵源 / 227
  • 一、 自己充實と自己犧牲の矛盾 / 233
  • 二、 より大なるものゝ利益 / 235
  • 第七節 三 系道德の本質 / 237
  • 第十七章 社會問題 / 251
  • 第一節 人格 / 253
  • 第二節 救濟と自殺 / 256
  • 第三節 慈善 / 259
  • 第四節 男女尊卑 / 262
  • 第五節 結婚と戀愛 / 273
  • 第六節 戰爭 / 278
  • 第七節 人權 / 282
  • 第十八章 人生の眞意義 / 285

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人生の意義と道徳の淵源
著作者等 遠山 椿吉
書名ヨミ ジンセイ ノ イギ ト ドウトク ノ エンゲン
書名別名 Jinsei no igi to dotoku no engen
出版元 富山房
刊行年月 昭和2
ページ数 290p
大きさ 23cm
NCID BN09927217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47002192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想