競馬通話馬券買ふまで

河辺虚仙 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第一章 競馬に關する豫備知識 / 6
  • 其一 競馬の目的及その種類 / 6
  • 其二 各國競馬の沿革竝現況 / 35
  • 其三 競馬の種類 / 56
  • 其四 競走用馬の種類 / 86
  • 其五 日本に於ける競走用馬の産地と特色 / 108
  • 其六 豫備智識に屬する雜件 / 151
  • 第二章 競走馬の調敎 / 187
  • 其一 馬產地より馬主の手に入る迄 / 187
  • 其二 調敎上の要點 / 195
  • 其三 調敎の計畫と實施 / 203
  • 其四 平馬場の練習につきて / 209
  • 其五 諸種の手當につき / 224
  • 其六 障碍馬の調敎 / 237
  • 其七 速步馬の調敎 / 243
  • 第三章 競馬の開催 / 248
  • 其一 競馬倶樂部の編成 / 248
  • 其二 競馬番組の編成及出馬登錄の事 / 251
  • 其三 開催の準備 / 255
  • 其四 競馬季節の事 / 263
  • 其五 競馬開催の順序と實況 / 265
  • 其六 競馬終りて後 / 286
  • 第四章 競走馬の鑑定 / 288
  • 其一 競爭馬全般の外貌上の判定 / 288
  • (1) 駐立中に見たる對稱の事 / 288
  • (2) 乘用馬の三大體型につきて / 291
  • (3) 競走馬の耳及頭の事 / 294
  • (4) サラプレツド系競走馬は頭を高起せざる事 / 295
  • (5) 肺臟竝心臟の發逹せる事 / 301
  • (6) 長骨長筋なるを要する事 / 307
  • (7) 輕頭長頸なるを要する事 / 315
  • (8) 後方より見たる後軀の構造につき / 319
  • (9) 馬體及四肢の彈力性につきて / 323
  • (10) 步調の凝固短切ならざる事竝高からざる事 / 326
  • (11) 胴體全般の堅牢と美觀につき / 330
  • (12) 競走馬の尾につきて / 333
  • (13) 四肢の構造强健なる事 / 337
  • (14) 血液循環の良否に[つ]き / 346
  • (15) 競走馬の榮養狀態竝皮膚につきて / 348
  • (16) 長距離馬と短距離馬につきて / 355
  • (17) 失格又は見苦しくとも恕すべき件 / 361
  • (18) 外貌に關する雜件 / 365
  • 其二 血統上の判定 / 375
  • (1) 血統調査の必要なる所以 / 375
  • (2) 日本に於ける種牡馬 / 380
  • (3) 各地の蕃殖用牝馬 / 384
  • 其三 悍性の判定 / 392
  • (1) 步樣による悍性の判定 / 393
  • (2) 姿勢及態度と悍性 / 399
  • (3) 產地と悍性の關係 / 402
  • (4) 悍性判斷上注意すべき諸件 / 407
  • 其四 障碍用馬に對する特別鑑定要項 / 409
  • 其五 速步用馬に對する特別鑑定要項 / 415
  • 第五章 騎乘の要領 / 419
  • 其一 騎乘の一般要領 / 419
  • 第一 米國式騎乘の要點 / 419
  • 第二 附加重量を如何にするか / 424
  • 第三 拍車と鞭は如何に用ゆべきや / 425
  • 其二 騎手に具備すべき要件 / 430
  • 其三 障碍飛越の要領につきて / 434
  • 其四 馬場に於ける策戰 / 438
  • 其五 雜件 / 455
  • 第六章 馬劵 / 460
  • 其一 馬劵の種類性質 / 460
  • 其二 馬劵買ひの順序 / 473
  • 其三 如何なる馬を買ふべきや / 485
  • 第一 競走觀覽前日に硏究すべき件 / 486
  • 第二 競走當日に硏究すべき件 / 492
  • 第三 時機ある每に調査硏究すべき件 / 500
  • 其四 馬劵購買上銘心すべき件 / 503
  • 結言 / 505

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 競馬通話馬券買ふまで
著作者等 河辺 虚仙
書名ヨミ ケイバ ツウワ バケン カウマデ
書名別名 Keiba tsuwa baken kaumade
出版元 春陽堂
刊行年月 昭和5
ページ数 506p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46085590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想