壬午鶏林事変

宮武外骨 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 朝鮮京城事變の初電報 / 2
  • その後の第二報と第三告諭 / 5
  • 變報に接して内閣諸公の會議 / 9
  • 神功皇后加藤淸正西鄕隆盛の靈 / 10
  • 諸新聞紙上に揭出されたる暴動顚末記 / 12
  • 天然亭 / 17
  • 遭難記念碑 / 21
  • 戰死者の遺族に祭粢料と略傳 / 22
  • 遭難者警部岡兵一の手記 / 23
  • 朝鮮暴徒我公使館を襲擊する圖 / 31
  • 陸軍中尉堀本禮造暴徒と奮戰の圖 / 37
  • 諸新聞社よりの特派通信員 / 41
  • 北垣國道と服部直、前島密と岡島官藏 / 44
  • 誤報な傅へし三新聞の發行停止 / 47
  • 新聞記事制裁の新法文 / 54
  • 私人の暗號電報停止 / 55
  • 竹添進一郞及榎本武揚の書翰 / 56
  • 朝鮮の國旗 / 60
  • 日英親好の輝きと見るべき美談 / 64
  • 下關及濟物浦に於ける戰死者祭典 / 66
  • 遭難者自署集 / 69
  • 避難者記念撮影 / 70
  • 諸官省より出入を差止められし新聞社員 / 71
  • 暴風雨を冐して舟に乘り難を避くる圖 / 73
  • 遭難者石幡東獄の自詠詩 / 74
  • 暴徒に說諭を加へたるが爲め殺されし人 / 75
  • 從軍願と献金願 / 76
  • 朝鮮開化黨の一人たる金玉均 / 78
  • 激論のためか演說會の中止解散 / 80
  • 韓々儂舊連衆 / 81
  • 下卑たる比喩的記述の平和說 / 82
  • 暴動の張本人大院君(李夏應)の惡虐 / 84
  • 大院君の性格を賞揚せし辯護說 / 85
  • 馬建忠は勅命にて大院君を拘引す / 86
  • 淸國皇帝が李夏應を拘置せしめし理由 / 88
  • 毒殺と傳へられたる王妃の隱顯 / 90
  • 虛傳の主唱者は大院君か / 93
  • 千金丹が事變の影響を受けし餘談 / 94
  • 昇給慰勞祭祀贈與等の特典 / 95
  • 諸新聞難誌所載論說一覽表 / 97
  • 事變當時の東京新聞及各地新聞寫眞 / 106
  • 東京諸大新聞の論調槪觀 / 117
  • 遭難當夜に於ける英氣の劔舞 / 133
  • 事變突發當初の堅實論 / 134
  • 大東日報記者原敬の平和主義朝鮮論 / 137
  • 溫和說を駁せし改進黨の新聞紙 / 142
  • 開戰論者が平和論者に變ず / 144
  • 韓國不可征論 / 146
  • 讀賣新聞に出たる漫畫 / 147
  • 斥洋攘夷の碑を毀たしむ / 148
  • 北支那日々新聞の日淸戰爭豫言論 / 150
  • 新聞社說の續稿差止 / 152
  • 時事新報所載論說雜報一覽表 / 153
  • 虎肉と豚肉で日本酒 / 165
  • 新聞の記事論說を拔載せし單行本 / 166
  • 當時の事變を描ける錦繪の數々 / 169
  • 韓紅大倭錦 / 172
  • 演劇に擬したる俳優姿の遭難諸士 / 175
  • 親日派尹雄烈の避難逃走と其密報手書 / 177
  • 亡命者尹雄烈の談話 / 180
  • これけチーからぽん / 187
  • 御用新聞社を罵る民權派の新聞 / 188
  • 問罪使節として再渡韓の花房公使 / 190
  • 朝鮮政府に對する花房公使の談判始末記 / 195
  • 追加要求に對する朝鮮政府の承認書 / 203
  • 我國と朝鮮國との和議修好條約 / 204
  • 修信使として朴泳孝の來朝 / 210
  • 神戶に於ける花房公使招宴會 / 211
  • 橫濱に於ける花房公使歡迎會 / 212
  • 花房母堂の歡喜と感泣 / 214
  • 天皇陛下に謁見恩賞を賜る / 215
  • 花房公使に對する祝賀會 / 218
  • 花房公使の履歷 / 225
  • 事變關係の詩歌俳句集 / 233
  • 事變關係廣告の例 / 241
  • 附錄 / 245
  • 跋 / 253

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 壬午鶏林事変
著作者等 宮武 外骨
書名ヨミ ジンゴ ケイリン ジヘン
書名別名 Jingo keirin jihen
出版元 花房太郎
刊行年月 昭和7
ページ数 254p
大きさ 20cm
全国書誌番号
47002310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想