如何にして農村を救ふべきか

東京日日新聞経済部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一擧解決は困難、漸進的にやつて行く / 1
  • モラや平價切下げは農家を自滅に導く / 4
  • 借金苦の重壓撤去、地方へ迎ひ水をやれ / 7
  • 六十年來の誤謬、農村認識を修正せよ / 10
  • 全農產物の統制に國家自らが當れ / 12
  • 金解禁なくして何の平價切下げぞ / 17
  • 深刻な農村金融難、資金の還元が急務 / 22
  • 廣い範圍に行き亘る金のバラ撒き方 / 24
  • 農家を自給自足に導くべきもの / 28
  • 五十億の負債、かくして五ケ年間に整理 / 32
  • 信用組合の冷遇は片手落ち / 35
  • 農村ブルヂヨアの沒落、轉換策に「村」の再建 / 36
  • 破局に接續せる建設、耕地を國家で肩代れ / 40
  • 貸し放しだけでは貧農は救はれぬ / 42
  • 低利に借換へ長期返還、負債整理の要諦 / 47
  • 困つてゐる人だけを救へ、借金棒引論に反對 / 53
  • 問題となつた爲替平衡資金制度 / 54
  • 通貨價値下落による各階級の得失 / 59
  • 米の專賣には反對、現行法を活用せよ / 67
  • 今や時代は統制經濟、究極は專賣の外なし / 70
  • 植民地米の管理と内地米販賣統制が必要 / 72
  • 日本農民としての意識、政黨の喧嘩は困りもの / 74
  • 傳統から脫却すべし、稅制の大改正を行へ / 82
  • 蠶糸界の建直し、應急恒久の兩對策 / 84
  • 重過ぎる農村の負擔、全面的の整理が第一 / 94
  • 行政整理は朝飯前、擧國一致本當にやれ / 99
  • 良くて安い肥料を、支出輕減の大眼目 / 102
  • わが農業の特性を呑込め、經營の改善と指導 / 107
  • 過剩勞力は他方面へ、萬事共同經營で進め / 114
  • 官民一致協力の秋、農村の現狀を正視せよ / 116

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 如何にして農村を救ふべきか
著作者等 東京日日新聞社
東京日日新聞經濟部
東京日日新聞経済部
書名ヨミ イカニシテ ノウソン オ スクウベキカ
書名別名 Ikanishite noson o sukubekika
出版元 創造社
刊行年月 昭和7
ページ数 120p
大きさ 19cm
NCID BN15575599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46077672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想