宝生流ロンギ問答集

宝生重英 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 祝言
  • 高砂(有難の影向や) / 1
  • 養老(山路の奥の水にては) / 1
  • 老松(さす枝の) / 2
  • 鶴亀(それ青陽の春になれば) / 3
  • 蘆刈(あれ御覧ぜよ御津の濵に) / 4
  • 兼平(いかに船頭殿に申すべき事の候) / 5
  • 櫻川(あたら櫻の) / 8
  • 西行櫻(それ春の花は) / 9
  • 隅田川(なう舟人あれに白き鳥の) / 11
  • 忠度(いかにこれなる老人) / 13
  • 田村(近頃面白き人に参り逢ひて候) / 14
  • 竹生島(面白や頃は彌生の半なれば) / 15
  • 巴(偖此原の合戰にて) / 16
  • 三山(あれ御覧ぜよ櫻子の) / 17
  • 熊野(河原おもてを過ぎゆけば) / 19
  • 弱法師(あら面白や我盲目と) / 20
  • 大原御幸(さてや御幸の折しもは) / 22
  • 加茂(汲むや心もいさぎよき) / 23
  • 通小町(もとより我は白雲の) / 24
  • 絃上(此須磨の卷の春かとよ) / 26
  • 猩々(老いせぬや) / 30
  • 唐船(如何に父御よ聞し召せ) / 32
  • 融(いかに尉殿見えたる) / 33
  • 木賊(靣白や所は鄙の住居なれども) / 36
  • 鳥追(晩稻の小田のかりしほに) / 38
  • 野宮(光源氏此所に) / 39
  • 松風(運ぶは遠き陸奥の) / 40
  • 三井寺(かほどの聖人なりしだに) / 41
  • 鉢木(よしや身のかくてははてじ) / 42
  • 鵜飼(しめる松明ふりたてゝ) / 43
  • 通小町(拾ふ木の實は何々ぞ) / 44
  • 黑塚(偖そも五條あたりにて) / 45
  • 髙野物狂(不思議やな姿を見れば) / 46
  • 實盛(不思議やな白みあひたる) / 48
  • 誓願寺(はや更けゆくや夜念佛の) / 50
  • 卒都婆小町(なうはや日の暮れて候程に) / 51
  • 草紙洗(雁がねの翅は文字の數なれど) / 53
  • 融(あら靣白の遊樂や) / 55
  • 百萬(げにや世々毎の) / 56
  • 藤戸(御弔ひは有難けれども) / 58
  • 放下僧(いかに靣々に尋ね申したき) / 60

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宝生流ロンギ問答集
著作者等 宝生 重英
書名ヨミ ホウショウリュウ ロンギ モンドウシュウ
書名別名 Hoshoryu rongi mondoshu
出版元 わんや書店
刊行年月 昭14
ページ数 62丁
大きさ 13×19cm
全国書誌番号
46071884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想