民衆にとっての社会主義

上原一慶 著

増大する非正規就業と失業者「市場経済の社会主義」はどこへ向かうのか-失業のない社会を目指したはずの「計画経済の社会主義」の行き詰まり。それを克服するはずだった改革開放がもたらした労働者の底辺化。その矛盾に満ちた実態を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二つの「社会主義」と民衆
  • 第1章 「計画経済の社会主義」の就業政策と形成過程
  • 第2章 失業消滅の現実
  • 第3章 民衆にとっての失業のない社会
  • 第4章 「市場経済の社会主義」への転換と失業問題
  • 第5章 失業のある社会の現実-非正規就業をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民衆にとっての社会主義
著作者等 上原 一慶
書名ヨミ ミンシュウ ニ トッテ ノ シャカイ シュギ : シツギョウ モンダイ カラ ミタ チュウゴク ノ カコ ゲンザイ ソシテ ユクエ
書名別名 失業問題からみた中国の過去、現在、そして行方
シリーズ名 シリーズ中国にとっての20世紀
出版元 青木書店
刊行年月 2009.11
ページ数 326, 10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-250-20919-2
NCID BB00062698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21692374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想