最新写真科学大系  第28

新光社編輯部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 松 杉一郞 / 1
  • 倒さ富士 井深透 / 2
  • 富士山から穗高連峰の望遠撮影 額田敏 / 3
  • 富士山頂から相模灣を望む,浮ぶは伊豆大島 中央氣象臺富士山頂氣象觀測所撮影 / 4
  • 富士山頂から駿河灣を伊豆半島を下瞰する 中央氣象臺富士山頂氣象觀測所撮影 / 5
  • 津輕半島と下北半島を望む 影山保之助 / 6
  • 屋外人物試寫 額田敏 / 7
  • 六十哩を隔ててニューヨークの高塔を見る / 8
  • 山の姿 井上綱 / 9
  • 村山貯水池 宮里良保 / 10
  • 三鷹村の天文臺 宮里良保 / 11
  • 乘鞍岳位ケ原から槍穗高の望遠撮影 額田敏 / 12
  • 上越國境谷川岳から笠ケ岳を 額田敏 / 13
  • 松林 渡邊光雄 / 14
  • 富士山から日本アルプスの望遠撮影 額田敏 / 15
  • 富士山から八ケ岳方面の望遠撮影 額田敏 / 16
  • 谷川岳から苗場山の望遠寫眞 額田敏 / 17
  • 伊豆西海岸から見た富士山 長口宮吉 / 18
  • 乙女峠から見た富士山 長口宮吉 / 19
  • 江の島全景 土居雄一郞 / 20
  • 本文
  • 赤外線 / 21
  • 光線 / 21
  • 色 / 24
  • 紫外線(菫外線) / 24
  • 赤外乾板と赤外フィルム / 29
  • 變色性と汎色性 / 30
  • 赤外增感色素 / 43
  • 各國の赤外乾板 / 45
  • 赤乾板の保存壽命 / 49
  • 特殊の赤外線寫眞 / 49
  • 赤外線寫眞の撮影 / 53
  • 赤外乾板の取扱法 / 53
  • フィルター / 58
  • 焦點移動 / 65
  • 赤外線寫眞の露出秒數 / 67
  • 超增感 / 73
  • 現像 / 76
  • 赤外線寫眞に用ふる印畫紙 / 77
  • 赤外線寫眞の用途 / 78
  • 望遠寫眞 / 78
  • 擬似の夜景寫眞 / 81
  • 物質の眞僞判定 / 103
  • 古文書の鑑定 / 106
  • 司法,犯罪,裁判の方面に利用 / 106
  • 暗中撮影 / 117
  • 顯微鏡寫眞 / 122
  • 醫學藥學方面への應用 / 123
  • 赤外線の寫眞ポートレート / 124
  • 天文寫眞への應用 / 126
  • 分光寫眞に赤外乾板の利用 / 128
  • 溫度の測定にも赤外乾板を利用せられ得る / 129
  • 其他の用途 / 130
  • パンクロ乾板と赤フイルター / 133
  • 文献 / 134

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 最新写真科学大系
著作者等 新光社
新光社編輯部
書名ヨミ サイシン シャシン カガク タイケイ
書名別名 Saishin shashin kagaku taikei
巻冊次 第28
出版元 新光社
刊行年月 昭和10
ページ数 2冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
46037951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想