早川式「居住学」の方法 : 五〇年の思索と実践

早川和男 著

本書は「人間にふさわしい住まい」の実現を追い求め、研究の方法に悪戦苦闘してきた一人の研究者の約半世紀にわたる軌跡である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 住居は人権である(『住宅貧乏物語』の誕生まで
  • 海外の居住権運動調査
  • 日本住宅会議の設立
  • 居住福祉の論理)
  • 第2部 学問に情けあり(研究の方法・研究者の作法
  • 研究者の社会的責任
  • 求められる「居住民主主義」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 早川式「居住学」の方法 : 五〇年の思索と実践
著作者等 早川 和男
書名ヨミ ハヤカワシキ キョジュウガク ノ ホウホウ : 50ネン ノ シサク ト ジッセン
出版元 三五館
刊行年月 2009.12
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88320-483-0
NCID BB00408078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21683937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想