続日本紀宣命

倉野憲司 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 文武天皇
  • 一 卽位の宣命(文武天皇元年八月十七日) / 11
  • 二 藤原不比等に食封を賜ふ宣命(慶雲四年四月十五日) / 13
  • 元明天皇
  • 三 卽位の宣命(慶雲四年七月十七日) / 15
  • 四 改元の宣命(和銅元年正月十一日) / 18
  • 聖武天皇
  • 五 卽位の宜命(神龜元年二月四日) / 21
  • 六 改元の宣命(神龜六年八月五日) / 25
  • 七 立后の宣命(天平元年八月二十四日) / 27
  • 八 立后の儀につき祿を賜ふ宣命(天平元年八月二十四日) / 30
  • 九 太上天皇に奏し給へる宣命(天平十五年五月五日) / 30
  • 一〇 太上天皇の詔報(天平十五年五月五日) / 31
  • 一一 諸臣に下し給へる宣命(天平十五年五月五日) / 32
  • 一二 盧舍那佛の前に白さしめ給へる宣命(天平勝寶元年四月朔日) / 34
  • 一三 陸奧國に黃金出でたる時下し給へる宣命(天平勝寶元年四月朔日) / 35
  • 孝謙天皇
  • 一四 卽位の宣命(天平勝寶元年七月二日) / 41
  • 一五 八幡大神に白し給へる宣命(天平勝寶元年十二月二十五日) / 43
  • 一六 橘奈良麿の叛狀聞し召して下し給へる宣命(天平寶字元年七月二日) / 44
  • 一七 皇太后の群臣に下し給へる宣命(天平寶字元年七月二日) / 46
  • 一八 鹽燒王等五人に賜へる宣命(天平寶字元年七月三日) / 47
  • 一九 諸司並に京畿の百姓に賜へる宣命(天平寶字元年七月十二日) / 47
  • 二〇 鹽燒王の罪を免し給ふ宣命(天平寶字元年七月二十七日) / 50
  • 二一 秦氏に賜へる宣命(天平寶字元年八月四日) / 51
  • 二二 同じ時別に賜へる宣命(天平寶字元年八月四日) / 51
  • 二三 讓位の宣命(天平寶字二年八月朔日) / 52
  • 淳仁天皇
  • 二四 卽位の宣命(天平寶字二年八月朔日) / 54
  • 二五 御父母の命を追稱し給へる宣命(天平寶字三年六月十六日) / 56
  • 二六 藤原仲麻呂を大師に任じ給へる宣命(天平寶字四年正月四日) / 59
  • 二七 群臣に賜へる宣命(天平寶字六年六月三日) / 60
  • 二八 討賊將軍凱旋の時賜へる宣命(天平寶字八年九月二十日) / 62
  • 稱德天皇
  • 二九 淳仁天皇廢位の宣命(天平寶字八年十月九日) / 65
  • 三〇 兩親王流罪の宣命(天平寶字八年十月九日) / 67
  • 三一 群臣に賜へる宣命(天平寶字八年十月十四日) / 68
  • 三二 群臣に賜へる宣命(天平神護元年正月七日) / 69
  • 三三 淡路廢帝に關して下し給へる宣命(天平神護元年三月五日) / 70
  • 三四 和氣王に下し給へる宣命(天平神護元年八月朔日) / 72
  • 三五 粟田道麻呂等に下し給へる宣命(天平神護元年八月朔日) / 73
  • 三六 道鏡に太政大臣を授け賜ふ宣命(天平神護元年閏十月二日) / 74
  • 三七 由紀須伎二國の守に下し給へる宣命(天平神護元年十一月二十三日) / 75
  • 三八 大嘗會の日群臣に下し給へる宣命(天平神護元年十一月二十三日) / 76
  • 三九 御酒を下し給ふ宣命(天平神護元年十一月二十三日) / 78
  • 四〇 藤原永手に右大臣を授け給ふ宣命(天平神護二年正月八日) / 78
  • 四一 舍利を法華寺に請ぜし時下し給へる宣命(天平神護二年十月二十日) / 79
  • 四二 改元の宣命(神護景雲元年八月十六日) / 82
  • 四三 縣犬養姉女等を配流し給ふ宣命(神護景雲三年五月二十九日) / 86
  • 四四 淸麻呂姉弟を退け給ふ宣命(神護景雲三年九月二十五日) / 88
  • 四五 群臣に下し給へる宣命(神護景雲三年十月朔日) / 91
  • 四六 新嘗の日に下し給へる宣命(神護景雲三年十一月二十八日) / 96
  • 四七 皇太子を定め給ふ宣命(寶龜元年八月四日) / 97
  • 光仁天皇
  • 四八 卽位の宣命(寶龜元年十月朔日) / 99
  • 四九 先考等を追尊し給ふ宣命(寶龜元年十一月六日) / 101
  • 五〇 立太子の宣命(寶龜二年正月二十三日) / 102
  • 五一 藤原永手を弔賻し給ふ宣命(寶龜二年二月二十二日) / 103
  • 五二 永手に太政大臣を贈り給ふ宣命(寶龜二年二月二十二日) / 106
  • 五三 皇后を廢し給ふ宣命(寶龜三年三月二日) / 107
  • 五四 皇太子を廢し給ふ宣命(寶龜三年五月二十七日) / 108
  • 五五 立太子の宣命(寶龜四年正月二日) / 110
  • 五六 遣唐使に節刀を授け給ふ宣命(寶龜七年四月十五日) / 111
  • 五七 渤海國使に下し給へる宣命(寶龜八年四月二十三日) / 112
  • 五八 能登内親王に一品を贈り給ふ宣命(天應元年二月十七日) / 113
  • 五九 讓位の宣命(天應元年四月三日) / 114
  • 桓武天皇
  • 六〇 立太子の宣命(天應元年四月四日) / 117
  • 六一 卽位の宣命(天應元年四月十五日) / 118
  • 六二 征東將軍等に下し給へる宣命(延曆八年九月十九日) / 120
  • 逸文
  • 六三 聖武天皇天平十八年四月十九日の宣命(元興寺緣起所載) / 122
  • 六四 孝謙天皇天平勝寶九年三月二十五日の宣命(正倉院文書正集第四十四卷所收) / 123
  • 註記 / 125
  • 解說 / 133

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 続日本紀宣命
著作者等 倉野 憲司
書名ヨミ ショク ニホンギ センミョウ
書名別名 Shoku nihongi senmyo
シリーズ名 岩波文庫 ; 1375
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和11
ページ数 141p
大きさ 16cm
全国書誌番号
46045041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想