60歳からの仕事

清家篤, 長嶋俊三 著

世界で類を見ない超高齢社会を迎える日本において「生涯現役社会」の実現は、必然かつ不可避である。生活のため、自分のため、社会のため-様々な理由から60歳以降も働くことが求められているいま、何をすべきなのか、どんな選択肢があるのか。企業と個人、両方の視点から、60歳からの働き方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生涯現役社会をどう生きるか(「生涯現役社会」は必然かつ不可避である
  • 高齢者雇用の理想と現実
  • 団塊の世代が先導者になる)
  • 60歳以上の雇用はどうなっているか(65歳までの定年延長
  • 65歳まで「継続雇用」で働く
  • 65歳まで「会社を変わって」働く
  • 65歳以降まで「フリーランス」で働く
  • 「70歳」まで働くにはどうしたらよいか)
  • 生涯現役の働き方(「専門能力」で勝負する場合
  • 「サラリーマン経験」を活かす場合
  • 再び団塊の世代へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 60歳からの仕事
著作者等 清家 篤
長嶋 俊三
書名ヨミ 60サイ カラノ シゴト
出版元 講談社
刊行年月 2009.11
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-214682-1
NCID BB00666550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21681523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想