JASRAC概論

紋谷暢男 編

音楽文化と著作権法の発展を支えてきた著作権管理スキームの全体像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-音楽文化とJASRAC
  • 第1章 JASRAC誕生の経緯と法的環境
  • 第2章 JASRACが管理する権利
  • 第3章 JASRACへの音楽著作権の信託
  • 第4章 JASRACの音楽著作権管理
  • 第5章 著作権侵害とJASRACの対応-司法救済による権利の実効性確保
  • 第6章 国際条約と日本国著作権法
  • 第7章 音楽産業とその関係者-著作隣接権とは
  • 第8章 著作権をめぐる今日的課題-著作権制度を抜本的に見直す必要性と文化政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 JASRAC概論
著作者等 紋谷 暢男
書名ヨミ JASRAC ガイロン : オンガク チョサクケン ノ ホウ ト カンリ
書名別名 JASRAC

音楽著作権の法と管理
出版元 日本評論社
刊行年月 2009.11
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51650-2
NCID BB00091947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21683544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想