魚糧

伊藤孝 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論--水產國策ノ樹立ト魚糧ノ製產 / 1
  • 第二章 魚糧事業發達ノ歷史、現況並ニ將來 / 13
  • 第三章 魚糧トハ何カ / 21
  • 第一節 魚糧の定義 / 21
  • 第二節 魚糧の種類 / 23
  • 第三節 魚糧の品質 / 25
  • 第一項 色 / 26
  • 第二項 臭ひ / 27
  • 第三項 粉末の狀態 / 27
  • 第四項 成分 / 28
  • 第五項 原料 / 33
  • 第六項 蛋白消化率 / 35
  • 第七項 混合物 / 36
  • 第四章 魚糧ノ用途 / 38
  • 第一節 補足飼料として最適の魚糧 / 38
  • 第二節 魚糧を以て飼養せる實驗の効果 / 50
  • 第一項 「ランカシヤ、カウンチー、コンスル」農場の豚に對する實驗 / 50
  • 第二項 「ローウエツト、リサーチ」硏究所に於ける鷄に對する實驗 / 54
  • 第三項 「ウエセト、オブ、スコツトランド」農科大學に於ける血粉と魚糧との比較實驗 / 55
  • 第四項 犢、牝牛、若き馬に對する各種の實驗 / 55
  • 第三節 家畜及び家禽に對する魚糧給與の適當なる割合と飼料配合例 / 56
  • 第一項 豚 / 56
  • 第二項 犢 / 60
  • 第三項 搾乳用牝牛 / 62
  • 第四項 家禽 / 63
  • 第五項 馬 / 64
  • 第六項 羊 / 65
  • 第四節 養魚の飼料としての魚糧 / 65
  • 第五章 「テイント」(魚ノ香ガ移ルコト)ノ問題 / 72
  • 第一節 「ミール、ヘイン」農科大學の實驗 / 73
  • 第二節 「ローウエツト、リオーチ」硏究科の實驗 / 73
  • 第三節 「サウス、イースト」農科大學に於ける實驗 / 78
  • 第四節 「アーサー、クリチトン」氏の實驗 / 81
  • 第六章 魚糧ノ需給ト其ノ價格 / 85
  • 第一節 世界の需給 / 85
  • 第一項 獨逸 / 94
  • 第二項 諾威 / 103
  • 第三項 英國 / 105
  • 第四項 北米合衆國 / 110
  • 第五項 「ソビエツト」社會主義聯邦 / 118
  • 第六項 佛國 / 120
  • 第七項 和蘭及び丁抹 / 122
  • 第八項 日本 / 125
  • 第二節 魚糧の價格 / 133
  • 第一項 價格變動の狀況 / 132
  • 第二項 價格變動の原因 / 142
  • 第七章 魚糧事業ノ經營 / 146
  • 第一節 副業としての魚糧事業 / 146
  • 第二節 主たる事業としての魚糧事業 / 153
  • 第一項 原料を自から漁獲する會社 / 153
  • 第二項 原料を購入する陸上魚糧會社と魚屑價格 / 156
  • 第八章 魚糧製造機械ニ付テ / 174
  • 第一節 魚糧機械の種類と製造工程 / 174
  • 第一項 「ミーキン」式魚糧機 / 176
  • 第二項 「シユロツテルホーゼ」式魚糧機 / 179
  • 第二節 「ミーキン」式と「シユロツテルホーゼ」式との比較 / 184
  • 第九章 魚糧ノ取引 / 190
  • 第一節 取引單位と荷造 / 190
  • 第二節 代金決濟方法、保險、缺斤、輸送 / 191
  • 第三節 獨逸及び和蘭商人 / 194
  • 第十章 獨逸飼料法及ビ英國肥料並ニ飼料法--附魚糧工場取締規則 / 196
  • 第一節 獨逸飼料法 / 196
  • 第二節 英國肥料及び飼料法 / 200
  • 第三節 「アバデイーン」市魚糧工場取締規則 / 208
  • 第十一章 結論 / 222
  • 附錄
  • 第一 魚糧取引契約書式 / 227
  • (一) 漢堡書式 / 227
  • (二) 倫敦家畜飼料商協會の使用する一般契約書 / 245
  • (三) 同仲裁々判に關する規約 / 253
  • 第二 參考文献 / 262
  • イ 邦文 / 262
  • ロ 外國文 / 263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 魚糧
著作者等 伊藤 孝
書名ヨミ ギョリョウ
出版元 大日本水産会
刊行年月 昭和6
ページ数 263p
大きさ 19cm
NCID BN12291314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46082380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想