加藤高明伝

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖篇
  • 一 佐屋陣所年代記 / 1
  • 二 佐屋陣所舊跡略圖 / 5
  • 三 佐屋陣所舊跡關係說明 / 6
  • 四 伯生家服部家舊屋敷跡略圖 / 8
  • 五 伯生家服部家舊屋敷跡現在略圖 / 9
  • 六 伯生家服部家家系略譜 / 10
  • 七 伯養家加藤家家系略譜 / 11
  • 八 加藤服部兩家關係血緣年代譜 / 13
  • 九 服部家累代之位牌 / 14
  • 一〇 加藤家累代之位牌 / 16
  • 一一 伯自撰の加藤家石碑碑文 / 18
  • 一二 宰相加藤高明と加藤高明傳 / 19
  • 一三 加藤高明伯の閲歷 / 23
  • 本篇
  • 第一章 救世的宰相加藤伯の生立 / 1
  • 第二章 伯の幼少年鄕黌時代 / 4
  • 第三章 伯の生家及養家 / 5
  • 第四章 伯の恩人、此兒大臣になる人物 / 7
  • 第五章 蛟龍池中に棲まず / 12
  • 第六章 開成學校、帝大學生時代 / 14
  • 第七章 三菱會社勤務及結婚時代 / 17
  • 第八章 登龍門外交官生活に入る / 20
  • 第九章 大藏省銀行、監査、主稅局長時代 / 23
  • 第十章 日淸役の外務政務局長、特命全權公使 / 25
  • 第十一章 日英同盟創唱の駐英全權公使 / 28
  • 第十二章 北淸事變直後の伊藤内閣外務大臣 / 30
  • 第十三章 藤隈の提携を圖り下院議員に出馬 / 39
  • 第十四章 東京日日社長と國論喚起 / 50
  • 第十五章 日露役と桂内閣及軍國議會 / 52
  • 第十六章 日露役直後の西園寺内閣外務大臣 / 56
  • 第十七章 第二次駐英大使時代 / 63
  • 第十八章 日英同盟改訂條約締結の偉勳 / 73
  • 第十九章 勳功に依り男爵授爵 / 79
  • 第二十章 明治大帝崩御と明治終期の政界 / 81
  • 第二十一章 桂内閣外務大臣と立憲同志會の創立 / 86
  • 第二十二章 桂公と後繼者加藤伯 / 104
  • 第二十三章 立憲同志會結黨式と總理就任 / 122
  • 第二十四章 山本内閣と同志會の活躍 / 124
  • 第二十五章 大隈内閣と加藤副總理 / 132
  • 第二十六章 世界大戰と大隈内閣 / 137
  • 第二十七章 對支二十一箇條事件と加藤外相 / 150
  • 第二十八章 憲政會創立黨首に推擧せらる / 166
  • 第二十九章 憲政會結黨式と總裁就任 / 172
  • 第三十章 寺内内閣の成立と憲政會の奮鬪 / 183
  • 第三十一章 原内閣の出現と憲政會の追擊 / 203
  • 第三十二章 高橋内閣と憲政會の活動 / 227
  • 第三十三章 加藤友三郞内閣と憲政會の奮進 / 237
  • 第三十四章 山本震災内閣と憲政會の躍動 / 247
  • 第三十五章 淸浦内閣と護憲運動 / 255
  • 第三十六章 加藤護憲内閣の成立と總理大臣 / 264
  • 第三十七章 憲政會單獨加藤第二次内閣の大宰相 / 275
  • 第三十八章 加藤内閣の財政政策 / 280
  • 第三十九章 加藤第二次内閣の財稅政策 / 292
  • 第四十章 加藤内閣と普選の實施 / 311
  • 第四十一章 伯の危篤薨去と伯爵大勳位陞叙 / 335
  • 第四十二章 伯の葬儀と憲政會追悼會 / 342
  • 第四十三章 伯薨去後の後繼内閣及憲政會 / 355
  • 第四十四章 伯の薨去と中外の哀悼 / 369
  • 第四十五章 伯の逸話 / 411
  • 第四十六章 伯の養家實家關係及家族血緣緣戚 / 436
  • 第四十七章 加藤高明伯の政見經綸 / 457
  • 第四十八章 國家公人として觀たる加藤高明伯 / 493
  • 第四十九章 政黨總裁として觀たる加藤高明伯 / 571
  • 第五十章 私緣私交上より觀たる加藤伯 / 597
  • 第五十一章 民政黨首腦最近の加藤伯追懷 / 650

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 加藤高明伝
書名ヨミ カトウ タカアキ デン
書名別名 Kato takaki den
出版元 加藤高明伝刊行会
刊行年月 昭和3
ページ数 33, 659p 図版34枚 肖像
大きさ 23cm
全国書誌番号
46080355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想