海外を巡りて

松本勝太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 希望を抱いて鹿島立ち / 3
  • シベリア鐵道沿線 / 6
  • ニコラス二世終焉の地 / 8
  • 凄慘のモスクワと露國の現狀 / 12
  • ポーランドの今昔 / 18
  • 萬國會議とヴヱルサイユ宮殿 / 22
  • ボア・ド・ブーローニュ公園 / 28
  • 英雄の墳墓、マルヌ古戰場 / 32
  • 佛國財政と聯立内閣 / 35
  • 聯立内閣の功績と其の弱味 / 39
  • 佛人の長所、パリーの槪觀 / 43
  • ムッソリーニ氏との會見 / 47
  • 奇傑ムッソリーニ氏の蹶起 / 52
  • ファシスチ國家の建設 / 56
  • ファシスチ政府の財政改革 / 63
  • 史蹟に富む古都ローマ / 67
  • 美術、文藝の都フロレンス / 70
  • ラルデレツロの實地視察 / 73
  • 經濟的の地熱利用に就て / 77
  • 水の都ヴヱニスの今昔 / 79
  • 風光のコモ、商工業のミラン / 83
  • 忘れ難きジュネーヴの風光 / 86
  • アルプスの秀峯モンブラン / 90
  • 我が國の遊覽設備に就て / 93
  • 麗しきデモクラシーの瑞西 / 97
  • 列國同盟會議と會議の効果 / 101
  • ハンブルグ港とケルン新聞博 / 106
  • ミュンヘン博物館とビヤホール / 109
  • 會社經營振りと戰後の復興 / 113
  • 敬服すべき經濟的觀念 / 117
  • 質實、忍耐、勤勉の獨逸民族 / 121
  • 小兒の敎養と國民の鼓舞 / 125
  • 世界に誇る獨逸國民の長所 / 130
  • 經濟の合理化と共同的精神 / 134
  • 獨逸國民の實力と賠償問題 / 138
  • 獨逸の社會施設一般 / 144
  • 平和の國オランダへ / 147
  • 勤勉努力の國白耳義へ / 151
  • 前途暗澹たる墺太利 / 155
  • ハブスブルグ家を偲ぶ / 160
  • ハンガリーとチヱッコ / 164
  • 農村振興のデンマーク / 168
  • ロンドン及び其の郊外(一) / 175
  • ロンドン及び其の郊外(二) / 178
  • マンチヱスターとリバープール / 181
  • グラスゴーとヱヂンバラ / 185
  • 商工業立國と勞働者の理解 / 189
  • 注目すべき勞資の協調 / 194
  • 產業不振と勞資の反省 / 199
  • 英吉利に於ける社會事業(一) / 204
  • 英吉利に於ける社會事業(二) / 209
  • 中央政府の行ふ社會政策(一) / 216
  • 中央政府の行ふ社會政策(二) / 220
  • 英國人に學ぶべき長所 / 227
  • 英國の外交、財政、及將來 / 231
  • 初見參の北米合衆國へ / 236
  • 在米邦人の現狀に就て / 241
  • 將來の連鎖、移民第二世 / 247

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海外を巡りて
著作者等 松本 勝太郎
書名ヨミ カイガイ オ メグリテ
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和4
ページ数 254p 図版22枚 肖像
大きさ 19cm
NCID BA3661364X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46081272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想