マルクス資本論 : 註解  第1卷ノ2

ローゼンベルグ 著 ; 直井武夫 譯

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第三篇 絕對的剩餘價値の生產〔續〕 / 1
  • 第八章 勞働日 / 1
  • I 研究の對象
  • II 研究の順序
  • 第九章 剩餘價値の率と量 / 28
  • I 研究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第四篇 相對的剩餘價値の生產 / 39
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十章 相對的剩餘價値の槪念 / 43
  • I 研究の對象
  • II 研究の順序
  • 第十一章 協業 / 52
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十二章 分業をマニュフアクチュア / 62
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十三章 機械および大工業 / 83
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第五篇 絕對的並びに相對的剩餘價値の生產 / 129
  • I 硏究の對象
  • II 研究の順序
  • 第十四章 絕對的並びに相對的剩餘價値の大さとの相互關係 / 131
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十五章 勞働力の價格と剩餘價値の大さとの相互關係 / 155
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十六章 剩餘價値の種々の公式 / 169
  • 第六篇 勞賃 / 171
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十七章 勞働力の價格または價値の勞賃への轉化 / 174
  • I 研究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十八章 時間賃銀 / 183
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第十九章 出來高賃銀 / 190
  • I 研究の對象
  • II 研究の順序
  • 第二十章 勞賃における國民的差異 / 196
  • 第七篇 資本蓄積の過程 / 199
  • I 研究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第二十一章 單純な再生產 / 207
  • I 研究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第二十二章 剩餘價値の資本への轉化 / 220
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第二十三章 資本主義的蓄積の一般的法則 / 244
  • I 硏究の對象
  • II 研究の順序
  • III 資本の構成について
  • 第二十四章 謂ゆる本源的蓄積 / 288
  • I 硏究の對象
  • II 硏究の順序
  • 第二十五章 近世植民理論 / 312
  • 附錄
  • 人名索引 / 319

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス資本論 : 註解
著作者等 Rozenberg, D. I.
直井 武夫
ローゼンベルグ
書名ヨミ マルクス シホンロン
巻冊次 第1卷ノ2
出版元 希望閣
刊行年月 1931
ページ数 355p
大きさ 20cm
NCID BA36945548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21344339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想