微生物の世界

福見秀雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まえがき / 1
  • 1.細菌のすむ世界 / 1
  • (1)酸とアルカリ / 1
  • (2)酸の根元となる水素原子 / 2
  • (3)アルカリの根元となる水酸基 / 7
  • (4)中性物質(水)の解離 / 9
  • (5)對數について / 13
  • (6)水素イオン濃度とpH / 16
  • (7)自然界におけるpHの値 / 19
  • (8)細菌が生きてゆくpHの値 / 22
  • (9)蛋白質を構成するアミノ酸 / 25
  • (10)細菌のからだと蛋白質 / 34
  • (11)生命の主役を演ずる酵素 / 36
  • (12)細菌のすむ世界 / 42
  • 2.還元の段階 / 44
  • (1)燃燒する生命 / 44
  • (2)葡萄糖の酸化 / 52
  • (3)還元ポテンシヤル / 54
  • (4)葡萄糖からチトクロームへ / 57
  • (5)補酵素コチマーゼのはたらき / 60
  • (6)鐵の原子價の變化 / 66
  • (7)還元ポテンシヤルと電氣のポテンシヤル / 69
  • (8)還元ポテンシヤルのわき路 / 72
  • [3].細菌とビタミン / 79
  • (1)補酵素とニコチン酸アミド / 79
  • (2)赤痢菌のビタミンとなるニコチン酸 / 82
  • (3)ニコチン酸といろいろの細菌 / 87
  • (4)細菌のビタミン / 88
  • (5)細菌と酸素 / 91
  • (6)脫炭酸酵素のはたらき / 99
  • (7)細菌と脫炭酸反應 / 105
  • (8)細菌とトリプトフアン / 109
  • (9)細菌とパントテン酸 / 112
  • 4.席取り競[爭] / 117
  • (1)物質の席取り競[爭] / 117
  • (2)性質のにた原子と結晶 / 119
  • (3)血淸 / 126
  • (4)蛋白質と沈降素 / 130
  • (5)パラアミノ安息香酸と細菌 / 135
  • (6)スルフオンアミドの[席取り競爭]作用 / 137
  • (7)スルフアニル酸とパラアミノ安息香酸の戰い / 142
  • (8)ピリヂン3スルフオン・アミドの席取り作用 / 148
  • (9)ピリヂン チアゾール,ピリミヂンと細菌のビタミン / 150
  • (10)小さな生命の席取り競[爭] / 153
  • 5.極微の生命 / 159
  • (1)増殖する細菌 / 159
  • (2)人體の防衛組織 / 163
  • (3)細菌と人體の戰い / 168
  • (4)原生動物と病氣 / 172
  • (5)絲狀菌のはなし / 176
  • (6)細菌のない傳染病 / 181
  • (7)ヴイールス / 184
  • (8)細菌とヴイールスの大きさ / 186
  • (9)大きさのちがいによる性質のちがい / 192
  • (10)ヴイールスと生きた細胞 / 195
  • (11)細菌→ヴイールス→蛋白質 / 201
  • (12)生命から無生物への境 / 205
  • (13)リケツチアのはなし / 210
  • おわりに / 216

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 微生物の世界
著作者等 福見 秀雄
書名ヨミ ビセイブツ ノ セカイ
書名別名 Biseibutsu no sekai
シリーズ名 青少年文化叢書
出版元 高山書院
刊行年月 昭和22
版表示 4版
ページ数 217p
大きさ 19cm
NCID BA39912501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45013225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想