「救済」の音楽

礒山雅 著

音楽が伝えるものとは?音楽が聴く者の内面にもたらすものとは?『魂のエヴァンゲリスト』(辻荘一賞)、『マタイ受難曲』(京都音楽賞)を著した気鋭の音楽学者による、渾身のバッハ、ワーグナー…論の登場です。音楽への感動・情熱を根底におき、「キリスト教と音楽」を中心テーマに研究を深めてきた著者が長年にわたって綴った濃密な作曲家論であり、同時にオルガンについてのやさしく詳細明快な解説や、一三種の「パルジファル」録音の聴き比べなども収録した、バラエティに富んだ充実の書である。クラシック・ファンの基本ライブラリーとなる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 J.S.バッハの音楽(結婚カンタータ「満たされたプライセの町よ」BWV二一六が甦るまで
  • J・S・バッハの作品概念
  • オルガニスト、バッハ
  • 創造性と教育-バッハのクラヴィーア音楽
  • バッハの視覚・視覚のバッハ
  • 生きなさい、死になさい、ここに憩いなさい-バッハにおける「目覚め」の考察
  • マニフィカト、ルター、バッハ-「マリアのほめ歌」の解釈をめぐって)
  • 第2章 古典派の音楽(モーツァルトの「クレド」書法
  • モーツァルトとバロック・ポリフォニー
  • ベートーヴェンにおけるダイナミックなソナタ形式の発明ベートーヴェンからの抜粋-"第九"の通念を問い直す)
  • 第3章 ワーグナーとロマン派の音楽(ワーグナーにおける救済概念の深化
  • 陰画としての「神々のたそがれ」-ワーグナー解釈の一つの試み
  • 「パルジファル」における聖の二重構造
  • 愛‐信仰‐希望?-ライトモチーフにたどる「救済」の音楽表現
  • "パルジファル"演奏史-一三のCDを比較する
  • すべての聴衆に開かれた福音-"ドイツ・レクイエム"の成立まで
  • グスタフ・マーラーの現代性-悲劇的世界をひたす愛の力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「救済」の音楽
著作者等 礒山 雅
書名ヨミ キュウサイ ノ オンガク : バッハ モーツァルト ベートーヴェン ワーグナー ロンシュウ
書名別名 バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ワーグナー論集

Kyusai no ongaku
出版元 音楽之友社
刊行年月 2009.10
ページ数 362, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-276-13016-6
NCID BA91796369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21684552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想