電波と物質

水島三一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 現象論的考察 / 1
  • 1 透電率 / 1
  • 2 電氣傳導度 / 2
  • 3 二層の透電體 / 2
  • 4 時定數 / 5
  • 5 交流電力と力率 / 6
  • 6 交番電界に於ける二層の透電體 / 9
  • 7 交番電界に於ける二層の透電體 / 10
  • 8 實際の絶縁物 / 15
  • 第二章 靜電界及び低周波 / 17
  • 9 電荷の變位に基く分極 / 17
  • 10 双極子の配向に基く分極 / 19
  • 11 分子分極の三要素 / 23
  • 12 氣體の透電率の測定法 / 26
  • 13 稀薄溶液の透電率 / 30
  • 14 純液體の透電率 / 33
  • 15 液體の透電率の測定法 / 36
  • 16 固體の透電率 / 38
  • 17 双極子能率と分子構造 / 42
  • 18 分極率の異方性 / 45
  • 19 分極率の異方性と分子構造 / 50
  • 第三章 高周波 / 55
  • 20 液體の緩衝時間 / 55
  • 21 液體の透電率の分散と透電體損 / 56
  • 22 分子形態及び分子電界の影響 / 60
  • 23 固體の透電率の分散と透電體損 / 64
  • 24 固體の透電體損の測定法 / 66
  • 25 液體の透電體損の測定法 / 72
  • 26 電解傳導度の分散 / 77
  • 27 高周波の化學作用 / 83
  • 28 高周波放電の分光學 / 87
  • 第四章 超高周波及び赤外波 / 92
  • 29 超高周波の吸收及び反射 / 92
  • 30 赤外線の吸收 / 98
  • 31 廻轉スペクトル / 101
  • 32 配向分極の理論の再檢討 / 103
  • 33 振動廻轉スペクトル / 105
  • 34 多原子分子の基準振動 / 108
  • 35 結晶の格子振動 / 113
  • 36 ラマン效果 / 117
  • 37 赤外線吸收及びラマン效果の化學に於ける應用 / 121
  • 第五章 電氣材料の構造化學 / 126
  • 38 X線の干渉 / 126
  • 39 電子線の干渉 / 129
  • 40 原子間隔 / 131
  • 41 分子内部廻轉 / 132
  • 42 有機絶縁材料 其一(パラフィン系炭化水素) / 138
  • 43 有機絶縁材料 其二(芳香族炭化水素及び其誘導體) / 147
  • 44 有機絶縁材料 其三(オレフィン重合體) / 153
  • 45 有機絶縁材料 其四(纖維素) / 157
  • 46 無機絶縁材料 / 160
  • 47 高分子材料の特徴 / 166
  • 48 金屬及び半導體 / 173
  • 49 結言 / 178
  • 附表 / 1~24
  • 索引 / 1~10

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 電波と物質
著作者等 水島 三一郎
書名ヨミ デンパ ト ブッシツ
書名別名 Denpa to busshitsu
出版元 岩波書店
刊行年月 1950
版表示 3版
ページ数 212p
大きさ 21cm
NCID BN04154726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49013159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想