日本における性神の史的研究 : 考古学・民族学的考察

西岡秀雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第一章 母神崇拜と土偶 / 1
  • 1 歐亞大陸石器時代に於ける女人像 / 1
  • 2 日本石器時代に於ける土偶 / 11
  • 第二章 男根崇拜と石棒 / 23
  • 1 石器時代と農耕 / 23
  • 2 石棒・石劍の種類 / 30
  • 3 石棒・石劍の用途に關する從來の諸説 / 31
  • 江戸時代
  • 俗説
  • 木内石亭
  • 明治年間
  • 神田孝平
  • 若林勝邦
  • 坪井正五郎
  • 羽柴雄輔
  • 大野延太郎
  • N.G.MUNRO
  • 大正年間
  • 高橋健自
  • 津田敬武
  • 柴田常惠
  • 武藤一郎
  • 昭和年間
  • 後藤守一
  • 宮地直一
  • 濱田耕作
  • 佐藤虎雄
  • 大場磐雄
  • 森本六爾
  • 八幡一郎
  • 甲野勇
  • 大山柏
  • 4 石棒・石劍の用途についての私見 / 52
  • 未開人の性的連想 / 52
  • 安南語に於ける所見 / 57
  • プシルスキー氏による研究 / 60
  • 小結 / 62
  • 5 性器をつけた埴輪土偶 / 68
  • 第三章 女陰崇拜の潮流 / 69
  • 1 天鈿女命と性的舞踊 / 69
  • 2 桃の咒咀的性格 / 75
  • A 支那に於ける桃の信仰と土俗 / 75
  • (1) 支那典籍に現われた桃の靈力
  • (2) 支那現行俗信に現われた桃の靈力
  • B 日本に於ける桃の信仰と土俗 / 80
  • (1) 遺跡に現われた桃
  • (2) 雷除けとしての桃
  • (3) 日本各地に於ける桃の俗信土俗
  • (4) 桃太郎説話について
  • (5) 桃を抱く猿
  • 3 マノフィカ(MANOFICA)印相と大黒天 / 88
  • 第四章 さいの神 / 94
  • 1 「さ神」とネンギ / 94
  • 2 日常語に殘る「さ神」の痕跡と進化 / 98
  • 3 中世に於ける「さいの神」 / 100
  • 第五章 ガネーシャ神と歡喜天(聖天樣) / 109
  • 1 インド教に於けるガネーシャ神 / 109
  • 2 インド佛教に於ける歡喜天 / 111
  • 3 ラマ教に於ける歡喜天 / 111
  • 4 眞言宗立川流について / 113
  • 5 日本の歡喜天(聖天) / 115
  • 6 二股大根の紋章 / 124
  • 第六章 庚申の民間信仰 / 127
  • 第七章 近世に於ける性的行事と性神 / 138
  • 1 農作祈願の性的行事 / 138
  • A 外國の諸例 / 139
  • B 日本の諸例 / 141
  • 2 江戸時代以降まで存續せる我國の性神 / 154
  • A 日本民間性神祠府縣別一覽表〔近世〕 / 155
  • B 「水使神社」祭神の變化と信仰の變轉 / 193
  • むすび / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本における性神の史的研究 : 考古学・民族学的考察
著作者等 西岡 秀雄
書名ヨミ ニホン ニ オケル セイシン ノ シテキ ケンキュウ : コウコガク ミンゾクガクテキ コウサツ
書名別名 Nihon ni okeru seishin no shiteki kenkyu
出版元 潮流社
刊行年月 1950
ページ数 206p 図版14枚
大きさ 26cm
全国書誌番号
50002036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想