精神遅滞児の教育

宮部正夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 文部省初等中等教育局中等教育課長 大田周夫
  • まえがき
  • 第一篇 理論
  • 第一章 精神遲滯兒教育の意義 / 3
  • 第一節 兒童の要求 / 3
  • 第二節 兒童の個人差 / 5
  • 第三節 精神遲滯兒の心理的社會的意義 / 7
  • 第四節 精神遲滯兒の數 / 11
  • 第二章 精神遲滯兒の判別とその基準 / 16
  • 第一節 知能測定法 / 16
  • 第二節 標準テスト法 / 17
  • 第三節 テスト法の種類 / 20
  • 第四節 精神遲滯兒の程度 / 25
  • 第五節 精神遲滯兒の類型 / 26
  • 第六節 精神遲滯の發生原因 / 32
  • 第三章 精神遲滯兒の心理的考察 / 41
  • 第一節 精神遲滯兒の心理構成 / 41
  • 第二節 精神遲滯兒の心理的活動状態 / 45
  • 第四章 精神遲滯兒教育の沿革と施設の概要 / 47
  • 第一節 精神遲滯兒教育の沿革大要 / 47
  • 第二節 精神遲滯兒教育の施設の概要 / 52
  • 第三節 全國特殊學級設置學校一覽 / 59
  • 第五章 精神遲滯兒教育の指導計畫 / 95
  • 第一節 指導の目標 / 95
  • 第二節 指導計畫としての訪問教師 / 96
  • 第三節 心理學的な研究施設と精神衞生の研究 / 101
  • 第四節 特殊學級編成と指導計畫 / 105
  • 第六章 精神遲滯兒指導上留意すべき諸問題 / 107
  • 第一節 精神遲滯兒教育の必要性 / 107
  • 第二節 精神遲滯兒の有する具體性 / 109
  • 第三節 精神遲滯兒の心身状況調査 / 113
  • 第四節 特殊學級の編成 / 121
  • 第五節 特殊學級の運營 / 126
  • 第六節 教育課程の編成 / 132
  • 第七節 精神遲滯兒教育の理想的教師と教員養成 / 136
  • 第八節 精神遲滯兒の不良行爲と矯正 / 144
  • 第九節 感覺機能の訓練 / 146
  • 第十節 精神遲滯兒の適正職業指導 / 148
  • 第二篇 研究
  • 一 精神薄弱兒の腦脊髓液壓、レ線治療效果及び前頭腦の組織所見について 九州大學醫學部精神病學教室 秋山聰平
  • 一 精神薄弱兒の腦脊髓液壓 / 155
  • 二 潜在性腦水腫症 / 162
  • 三 頭部レ線放射と液壓 / 165
  • 四 放射治驗例 / 170
  • 五 臟器穿刺器によつて得た前頭腦の組織所見 / 183
  • 六 總括及び結語 / 186
  • 二 精神薄弱兒、性格異常兒の腦波・福岡縣中央兒童相談所 池田數好 九州大學醫學部精神病學教室、原病院研究室 稻永和豐 / 188
  • 三 一農村における補助學級兒童の精神醫學的調査・中脩三、外四氏共同研究 / 194
  • 一 緒言 / 194
  • 二 補助學級兒童の構成 / 195
  • 三 兒童の家族歴及び生活史 / 196
  • 四 身體的所見 / 202
  • 五 兒童の知能及び作業能力 / 205
  • 六 意志氣質について / 206
  • 七 兒童とその同胞との學業成績について / 210
  • 八 總括 / 214
  • 四 下關市立櫻山小學校の保導學級の研究 / 216
  • 一 保導學級設置について・下關市立櫻山小學校長 藤田博文 / 216
  • 二 性格異常兒教育の理論と實際・山崎學之輔 / 221
  • 第三篇 實際
  • 一 精神薄弱兒教育の一端 名古屋市立旭白壁小學校 / 243
  • 二 明石市立人丸小學校における精神遲滯兒の教育 / 332
  • 一 目標及び方針 / 332
  • 二 實態調査 / 334
  • 三 實際施設 / 349
  • 四 特別學級經營 / 351
  • 參考文献・わが國及び外國における文獻一覽 / 387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 精神遅滞児の教育
著作者等 宮部 正夫
書名ヨミ セイシン チタイジ ノ キョウイク
出版元 時事通信社出版局
刊行年月 1950
ページ数 392p
大きさ 19cm
全国書誌番号
50003817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想