哲学教程 : マルクス主義哲学の基礎について

出隆 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 哲学と社会生活 / 3
  • 一 哲学とは何か / 3
  • 二 唯物論哲学と観念論哲学 / 7
  • 三 確固たる世界観なしには確固たる人生観は生れない / 13
  • 第二章 弁証法的唯物論と史的唯物論との成立とその発展について / 21
  • 一 マルクスに先立つ三大思潮 / 21
  • (1) ドイツ古典哲学 / 23
  • (2) イギリスの古典経済学 / 35
  • (3) フランスの社会主義 / 41
  • (4) 概括 / 48
  • 二 マルクスとエンゲルスによる弁証法的・史的唯物論の展開 / 51
  • (1) 一八四〇年初頭のヨーロッパ / 51
  • (2) ヘーゲル学派の分裂とフォイエルバッハの役割 / 54
  • (3) 『ドイツ・イデオロギー』と『フォイエルバッハ論綱』に現れた新しい世界観の天才的萌芽 / 58
  • (4) 『共産党宣言』の根本思想 / 68
  • (5) 『資本論』における弁証法の適用 / 73
  • (6) 國家論の展開への弁証法の適用 / 77
  • (7) エンゲルスによる唯物論的自然観への寄與 / 85
  • 三 レーニンとスターリンによる弁証法的・史的唯物論の具体化と一層の発展 / 93
  • (1) 第二インターナショナルの理論家達によるマルクス主義の歪曲 / 93
  • (2) レーニンによる革命的マルクス主義の復活と発展 / 96
  • (3) 『唯物論と経驗批判論』の歴史的意義 / 106
  • (4) レーニンの『哲学ノート』と弁証法の具体化 / 120
  • (5) スターリンの著書『弁証法的唯物論と史的唯物論』について / 138
  • 第三章 弁証法的唯物論とは何か / 149
  • 一 実践から切り離れてこの世界観を理解することはできない / 149
  • 二 弁証法的方法の主要特徴について / 152
  • (1) 形而上学と弁証法とは正反対な物の考え方である / 158
  • (2) 対立物の統一の法則は弁証法の本質である / 162
  • (3) レーニンによる弁証法研究の一つの模範 / 167
  • (4) スターリンによる弁証法の原理の政治への適用 / 175
  • (5) 眞理は常に具体的である / 178
  • 三 哲学的唯物論の主要特徴について / 180
  • (1) 弁証法的唯物論は完成された哲学的唯物論である / 180
  • (2) 世界の本性は物質的なものである / 183
  • (3) 物質は意識から独立に存在する / 186
  • (4) 物質は第一次的であり、精神は第二次的である / 187
  • (5) 物質の哲学的概念と自然科学的概念について / 188
  • (6) 運動、時間と空間について / 192
  • (7) 客観的眞理は存在するか、また、絶対的眞理と相対的眞理とはどのような関係にたつか / 194
  • (8) 人間の実践は眞理の基準である / 196
  • (9) 哲学の党派性に関するレーニンの見解 / 198
  • (10) スターリンによる哲学的唯物論の原理の政治への適用 / 202
  • 第四章 弁証法的唯物論と史的唯物論との関係について / 208
  • 一 旧唯物論の根本的欠陷はどこにあつたか / 208
  • 二 史的唯物論とは何か / 216
  • 第五章 論理的概念の弁証法的運動について / 231
  • 一 概念は運動しないものではない / 231
  • 二 論理的範疇とは何か / 237
  • 三 原因と結果 因果性について / 241
  • 四 必然性と偶然性 所謂『生産力理論』の誤謬について / 249
  • 五 自由と必然 必然の王國から自由の王國への飛躍について / 255
  • 六 本質と現象 法則とは何か / 261
  • 七 分析と綜合 折衷主義とは何か / 268
  • 八 総括 / 271
  • 第六章 弁証法的唯物論にたいするブルジョア陣営からの攻撃について / 273
  • 一 マルクス主義批判の批判 / 273
  • 二 主体性論議は何を遺したか / 289
  • 結論 / 297
  • 附録 弁証法的唯物論と史的唯物論を学ぶための基礎文献 / 305
  • あとがき / 309

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 哲学教程 : マルクス主義哲学の基礎について
著作者等 出 隆
書名ヨミ テツガク キョウテイ : マルクス シュギ テツガク ノ キソ ニ ツイテ
書名別名 Tetsugaku kyotei
出版元 古明地書店
刊行年月 1950
ページ数 311p
大きさ 19cm
NCID BN03988671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49013701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想