プレス

稲生有年 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 プレス作業
  • 第2章 打拔作業と其工具
  • 2.1 拔型 / 3
  • 2.2 順送り拔型 / 3
  • 2.3 ガング又はマルチプル型 / 5
  • 2.4 複式拔型 / 5
  • 2.5 孔明け型 / 6
  • 2.6 剃り型 / 6
  • 2.7 磨き型 / 8
  • 2.8 縁取り型又は張り取り型 / 8
  • 2.9 拔型製作上の注意 / 8
  • 2.10 板地金上に製品を打拔く配置 / 9
  • 2.11 パンチの構造 / 12
  • 2.12 ダイの構造 / 14
  • 2.13 ストツプ・ピン / 14
  • 2.14 カス取り裝置 / 15
  • 2.15 サブ・プレス / 15
  • 第3章 クランク又はエクセントリツク・プレス
  • 3.1 直働式並にギヤード・プレス及びクランク・プレスの運轉速度 / 22
  • 3.2 クランク軸の型式 / 24
  • 3.3 ハズミ車 / 26
  • 3.4 クラツチ / 27
  • 3.5 クランク軸 / 29
  • 3.6 ブレーキ / 31
  • 3.7 コネクシヨンとコネクシヨン・ネヂ / 32
  • 3.8 スライド又はラム / 32
  • 3.9 ベツド及びボルスター / 33
  • 3.10 製品除去裝置 / 35
  • 3.11 プレス・フレーム / 37
  • 3.12 クランク・プレスの加壓能力決定法 / 41
  • 3.13 クランク・プレスの分類と名稱 / 45
  • 第4章 金屬の型打ち作業と型打ちプレス
  • 4.1 型打ち作業の定義 / 47
  • 4.2 各種型打ち機と其得失比較 / 47
  • 4.3 フリクシヨン・スピンドル・プレス / 49
  • 4.4 トツグル・プレス / 51
  • 4.5 金屬の高温型打ち / 55
  • 4.6 金屬の常温型打ち / 58
  • 第5章 絞り作業と絞り工具
  • 5.1 絞り作業の定義 / 60
  • 5.2 絞り作業の歴史 / 60
  • 5.3 絞り作業の際地金の受ける影響 / 60
  • 5.4 絞り用工具 / 61
  • 5.5 單働式工具 / 62
  • 5.6 準複働式工具 / 63
  • 5.7 複働式工具 / 64
  • 5.8 絞り型の實例 / 66
  • 5.9 一定の製品を絞るに必要な板地金の大きさ / 69
  • 5.10 絞り角の半徑 / 73
  • 5.11 パンチとダイ間の隙間 / 73
  • 5.12 パンチの端の形 / 74
  • 5.13 再絞りの時の注意 / 74
  • 5.14 絞り作業の段階及び絞り率 / 74
  • 5.15 絞り工具製作上其他の注意 / 80
  • 第6章 絞り用プレス
  • 6.1 絞り用單働式プレス / 82
  • 6.2 壓力裝置 / 82
  • 6.3 バネ又はゴム壓力裝置 / 82
  • 6.4 キング・壓力裝置 / 83
  • 6.5 壓搾空氣壓力裝置・ニユーマチツク・ダイ・クツシヨン / 84
  • 6.6 複働式プレス / 87
  • 6.7 クランク複働式プレス / 89
  • 6.8 カム複働式プレス / 89
  • 6.9 動床カム複働式プレス / 91
  • 6.10 トツグル複働式プレス / 93
  • 6.11 動床トツグル複働式プレス / 94
  • 6.12 其他の複働式プレス / 95
  • 6.13 壓搾空氣壓力裝置の複働式プレスへの應用 / 95
  • 6.14 カム複働式並にトツグル複働式プレスの得失比較 / 95
  • 6.15 複働式プレスに關する其他の事項 / 96

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 プレス
著作者等 稲生 有年
書名ヨミ プレス
書名別名 Puresu
出版元 共立
刊行年月 1950
版表示 4版
ページ数 98p
大きさ 22cm
NCID BA53670581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50002424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想